読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛ゆえに哀しく


東野さんの新刊。


祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時


東野節の集大成みたいな物語でした。
現代版○○……みたいな、なんて言うとネタバレになっちゃいそうなのでやめときます。
なんだろう…東野さんの作品のこういう傾向(愛なき殺人は書けないよ、とでも言うような)は推理小説作家ゆえのエクスキューズなのだろうか?
その優しさは好きだけれども、かえって重い。人の命は重いのだからそれでこそ順当なんだろうけれど、登場人物の人生がいろいろとつらすぎて、読後に心にずっしりと残る。


今回は加賀の過去が関わっている事件なので、シリーズのファンにはより興味深く読めます。
こうしてキャラが出来上がっていくとさらに次の作品も膨らんでくるから楽しみですね。
探偵のつらい過去に関わる事件…ってので、島田荘司の「涙流れるままに」をちょっと思いだした。
そっちはかなりの奇作ですが(爆)二作品とも探偵の固定ファンにはたまらなく魅力的な作品です。
こういうの書けたら楽しいだろうなぁーと思う。
小説はキャラが命ですね。たとえ推理小説でも。