読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルギー奇想の系譜展~ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

f:id:freaky47:20170423233555j:plain

 

宇都宮美術館で開催されている、表題の展覧会に行ってきました。
ベルギー・フランドル地方で中世末期から発達してきた「幻想絵画」の系譜をたどる企画展。
19世紀からの象徴派・表現主義、20世紀のシュルレアリスムを経て現代に至るまで脈々と受け継がれる、およそ500年以上にわたる「奇想」溢れる作品が多数見られました。
想像の世界にあるキリスト教の教えの場面や、煉獄とか悪魔などの闇の存在、奇妙な動物やフリークスの出現する世界観が好きな方にはたまらないと思います。
が、私はどっちかっていうとそういったおどろおどろしいものはちょっとニガテなので、けっこう引き気味に見てたかもです(汗)。ところどころ可愛い奇妙な悪魔が描かれていたりするのは気にいりました。
どういった感じなのか、展覧会全体の雰囲気が感じられる宣伝動画を載せておきます。次なる巡回地である兵庫県立美術館の紹介ビデオです。兵庫の次、夏休みには東京のBunkamuraザ・ミュージアムで開催されるそうです。

 


ベルギー奇想の系譜展

 

ポスターにもなっているこの作品は、ヒエロニムス・ボス工房の「トゥヌクダルスの幻視」という作品。
この中には「七つの大罪」(「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憤怒」、「怠惰」、「傲慢」、「嫉妬」)が描かれてます。
「怠惰」「傲慢」のシーンが可愛くて好きです。


展覧会に行くついでに、お弁当とブランケットを持ってってピクニックをしました。

f:id:freaky47:20170424075242j:plain

のびやかないい景色。心が解放されます。
大地の上で食べるお弁当は最高ですね!
食後は、フリスビーやったりしました。
…っても、私は体調不良で運動できず。皆が遊んでいるのを見ているだけでした。
ここ数日、持病の不整脈が酷くてとてもつらいのです。
できるだけ「のんびり、のんびり」と心がけて過ごそうと思います。

潮干狩り

 

週末、一泊で千葉の富津に潮干狩りに行きました。


富津に行く前に、「日本一辿り着きにくいラーメン屋」と言われているという、長生郡にある秘境ラーメン(?)「らーめん八平」に寄りました。ケンミンショーで紹介されたのを見て、旦那がどうしても行ってみたいというので(^^;


案の定、ナビを使っても目的地がわからず……近くで農作業をしていた方に道を教えてもらってやっと辿り着けた!

f:id:freaky47:20170417183700j:plain


ひと気のない山あいで、突如として人がわんさかいる場所に出くわして、まるで狐につままれた感じ。

f:id:freaky47:20170417183616j:plain


八平店舗。
お店の前で30分ほど待ちました。大盛況ですね。

f:id:freaky47:20170417183617j:plain

これが噂の「アリランチャーシューメン」。
ものすっっごいニンニクです(食後に商談がある、なんて人は食べちゃダメなヤツ)。プラス、ニラと玉ねぎ。ベースは醤油ラーメン。辛味わりとあり。焦がしニンニクが苦い味をプラスして独特の風味を醸し出しています。確かに食べたことないラーメンです。これでもかと盛られたチャーシューはめちゃウマでした。


富津では、昨年と同じ割烹「いそね」でお夕食を食べ、旅館「さざ波館」に宿泊しました。

 

freakyflower.hatenablog.com

 

「いそね」さんの美味しいお魚たち。

f:id:freaky47:20170417183614j:plain

バイ貝煮付け。

f:id:freaky47:20170417183613j:plain

白身魚のお刺身。

f:id:freaky47:20170417183638j:plain

アオヤギの酢味噌和えとアジフライ。

f:id:freaky47:20170417183637j:plain

カレイの煮付け。

f:id:freaky47:20170417183636j:plain

特上寿司。
他にもいろいろいただきましたが、どれも美味しい!
とくにアオヤギの酢味噌和えは美味しすぎてリピしました。

f:id:freaky47:20170417183615j:plain


夕暮れの富津の海。
対岸の夕焼けの中に、富士山の姿が遠くくっきりと見えました。
素晴らしい!

 

f:id:freaky47:20170417183701j:plain

「さざ波館」では、到着時すでにお布団が敷いてありました。ありがたいです。
この旅館には自由に本が読める図書室(さざ波文庫)があるので楽しみにしてましたが、今回はそれとは別に「休憩室」に最新の漫画やサブカル系雑誌がいろいろ置いてある(こっちも自由に読める)のを発見!
読みたかった「あなたのことはそれほど」を3巻一気読みできました!ラッキー。(でも続きが気になる…ドラマの展開を待つのもまどろっこしい~)

f:id:freaky47:20170417183635j:plain


さざ波館の朝食。
まるごと齧れるアジの干物が美味しいです。

 

日曜日は実に潮干狩り日和でした。初夏のような日差し。
人出もめちゃめちゃ多い!

f:id:freaky47:20170417183702j:plain


でも、人以上にアサリもたくさんいるので、すぐにバケツがいっぱいになります。

大漁!

f:id:freaky47:20170417183634j:plain

中腰で作業していると膝が痛くなるので、早々と胡坐をかいてぺったり座り込んじゃいました。こうした方がラクだし作業効率もいいし、なにより体に優しいです。旦那がずっと中腰で作業してて、ぎっくり腰になり翌日病院行きましたからね…(汗)。いつまでも若いと思って無茶しちゃダメよ。

 

潮干狩りってホントに平和な光景だなぁ……と、来るたびに思います。
青く広い空の下、潮の引いた海でのんびり貝を掘っていると、うっとりするほど長閑。
すぐ近くで一触即発で戦争になりそうになってるなんて信じ難い。世界情勢、早く落ち着いてくれるといいなぁ。

 

f:id:freaky47:20170417183703j:plain

獲ったアサリでお夕食は定番のボンゴレ作りました!
50度の温水で洗う…という裏技を使ってみたら、かなりいい感じで砂抜きできましたよ。

入学式

今日はボクちゃんの中学の入学式でした。

満開の桜の花の下、あたたかな春の日差しに包まれて……と始まるのがお決まりの入学式ですが、今日はなんと、土砂降り!!

入学記念の校門での撮影もできませんでした……

ってか、全然写真撮ってない(涙)こんなに写真の無い入学式って初めてだ。ま、全体の集合写真撮ったからいいのか。

式典では席が後方過ぎて何も見えなかったのでビデオも撮れず。

バタバタと式と説明会を終え、大荷物(教科書だの体育着だの一斉に配布されたので)を抱えて、ろくに雨避けにもならないちっさい折りたたみ傘の下、ずぶ濡れになりながら、慣れないヒールでヨタヨタ歩き……

とにかく家に帰るだけで精いっぱいだったー(;´д`)トホホ

帰宅後慌てて教科書を確認しましたが、地理の教科書が水濡れでボヨボヨになってました……ううっ。ゴメンよ、地理。守りきれんかった。

でも、被害はその程度で済みました。

家の玄関を入った瞬間に紙袋が盛大に破けて体育着などが飛散しましたけどね。マジでギリギリセーフ!ラッキー!……なのか?

とりあえず準備することや確認すること、新しく始めることなど、やることがめちゃめちゃ多くて、親も子もしばらくアタフタしそうです。

頑張らなくちゃ!

 

今日はいつでも唯一の日

年度初め、いろいろとバタバタしてて、落ち着いてブログを書く気にならないのでスルーする日々が続いておりますが、元気です!!
ブログ書いてない日が累積してくと、どこか息苦しいようなおさまりの悪い気持ちになります(汗)。
一日一言ずつでも書いてくと、「サボりが溜まってく感」は減らせるかも!
と思って、どうでもいいことを書いてみます。
人生は、どうでもいいことの積み重ねなのであるわけで、でもそれはいつでも唯一無二の時間であり、どうでもいいわけではないのです。

どうでもいいのにどうでもよくないのです。

人生の本質とはいったいどこにあるんでしょう?意味ってなに?
この歳になると、こういうのをどうとらえていいのかわからなくなります。
若かったら、こういうことさえ楽しめたのに。
無駄なことも、意味無いことも、どんと来い!だったのに。


今日カラオケ歌ってて気づいたこと。
この曲は↓私のオハコかも!点数高い!カロリー消費量高い!気持ちよく歌える!ひゃっほう!(´∀`*)

www.youtube.com

エレカシ30周年で、雑誌からTVからいろいろデズッパで嬉しい日々です。
記念CDの特注デラ版も届いて、そういうのいろいろ書きたかったけど書けないまま泡沫の如く日々は過ぎ…
まぁ、いいや。
最近、好きなモノに言及することに執心しなくなってきた。
「オマエ自身はどうなんだ?」と心の声が言うから。
他人ばかり追っかけてる自分がイヤになったのです(そういうことを書く場としてのブログだったのにね)。
天命を知るべき歳になって、こりゃアカン、と。
もういい加減、自分を追いかけるようにならないとマズいんじゃないか。時間無くなってきたぞ。
というか、追いかけるに値する自分になろうよ!一度くらい、自分にムチュウになってみようよ!と。

しかしその道はかなり遠いので困ってしまってるわけです。

 

こないだ、かなり当たる占いってのを教えてもらったんだけど…
これ↓

365x7.net

 

誕生日ごとに性格とか運勢が読めるようになってる。(誕生日の区分と、カラーごとの区分でかなりの量の解説がある。両方読んでみてください。読み応えたっぷり!)
いろんな人のを見てみたけど、かなりの確率で当たってる気がします。
私のカラーは赤。
人生を活性化させる方法、ってのにこう書いてあった。

目標が無ければ奮起できないタイプ(中略)なにをするにおいても、常に複数の目的や目標を掲げておきましょう。もし周囲で目標を失っている赤色誕生日カラーの人がいれば、命令形でも良いのでゴールを設定してあげましょう。“忙しい状態”、これがまさに誕生日カラー赤色の人を活性化させる近道になります。

やっぱりそうか。
妙に納得。
夢みがちと言われようが、やっぱり私は目標を持つべき人なんだ。そうじゃないと元気が出ない。
ずっと夢見る夢子さんで、永遠に浪人生で…いいのか?ホントかい?
運気のグラフってのもあるんだけど、これを見ると、私、人生の僥倖(思いがけず素晴らしい事が起こるの)が69歳なんだって。
69歳!わりと微妙な年齢だよねぇ。
でもこれからだよ!ちょっと元気が出てくるじゃーん。

なかがわ水遊園

淡水魚水族館「なかがわ水遊園」に行ってきました。

ここはお嬢がとても気に入っている水族館。就活でお疲れ気味のお嬢を気遣って、「癒されに行こう!」とパパが提案。

f:id:freaky47:20170403225754j:plain

良く晴れた春の日、開放的な風景を見ているだけでのんびりした気分になれます。

f:id:freaky47:20170403225756j:plain

ニジマスイワナの泳ぐ姿が、すぐ間近で見られる。

魚たちはほんとうにきれい。毎度のことながら感動します。

f:id:freaky47:20170403225755j:plain

哲学者のような面差しの蛙さんがいました。しばらくの間眺めていましたが、ずっとこの姿勢のまま佇んでいました。

 

アクアコリドールの巨大水槽では、ピラルクなど大型の淡水魚が悠々と泳いでいる姿をいろんなところから見ることができます。

ここにカピバラ君も一緒に泳ぐのが見どころなんですが、カピバラ君は休憩中でした。

f:id:freaky47:20170403225753j:plain

陸にあがっていたので撫でることができました。体毛がメチャクチャ硬いです。

f:id:freaky47:20170403225752j:plain

海の水槽もあります。ウミガメさん。

f:id:freaky47:20170403225809j:plain

ボクちゃんとパパが釣りをするというので、私とお嬢は物産館でお茶しながらおしゃべり。

1時間後……

f:id:freaky47:20170403225808j:plain

おお!釣れてるじゃんか \(^o^)/

最終的に、パパが2匹、ボクちゃんが2匹の計4匹のニジマスを釣りました。

塩焼きにして、美味しくいただきましたよ!

奈良・京都旅行その3

3日目、4日目は京都を巡りました。
ろくな写真がないので(汗)、2日分まとめてざっと記録しておきます。

 

3日目は、等持院からスタート。
足利尊氏のお墓があるお寺さんです。

f:id:freaky47:20170331002607j:plain

美しい庭園を眺めながら、お抹茶とお菓子をいただきました。

f:id:freaky47:20170331002627j:plain


立命館の敷地内を抜けて、近くにある「山猫軒」というカフェで早めのランチ。
その後、きぬかけの道を歩き龍安寺へ。
Eテレの「2355」でやっていた龍安寺の歌がきっかけで、ボクちゃんが行きたがっていたお寺。

www.youtube.com

「15の石」「知足の蹲」「水分(みくまり)石」「遠近の油土塀」「侘助椿」「茶庭の垣の菱の組」…歌に出てくる名所を確認しつつ、廻りました。

f:id:freaky47:20170331002606j:plain

 

お次は嵐電に乗って、広隆寺へ。
広隆寺の弥勒さんを私がまだ一度も拝観していなかったので、行ってみることにしたのですが、予想外にここの仏像さんたちが豪華でビックリ!

博物館などでやる企画展並みに凄い仏像さんたちが拝めるのです。

なんで今までここに足を運ばなかったのだろう。
てか、私は修学旅行で広隆寺へ行く予定を組んでいたんですが、バスが追突事故に巻き込まれて予定が変更になって行けなくなってしまったのでした。以来、何度も京都へは来ているのになぜか訪れることもなく…

こういうのも「縁」ですからね。そのときではなく、今、出会うべき「縁」だったのだと思います。

 

その後、四条に出て街なかショッピング。
オジがボクちゃんの進学祝いに吉田カバンのリュックを買ってくれました!
「糖朝」でお茶の時間。久しぶりの「糖朝」。大根餅がめちゃくちゃ美味いよー

f:id:freaky47:20170331002629j:plain

おやつの後は市街地散歩。

京都に行くと必ず行く、「京都デザインハウス」や「INOBUN」、サクラビルの「タンタンショップ」などを見て回り、お夕食は和久傳のカジュアルダイニング「はしたて」さんでいただきました。

f:id:freaky47:20170331002628j:plain

ちなみに京都の宿泊先は五条のアランヴェールホテル。大浴場があるコスパのいいホテル、ということで決めましたが、立地はちょっと不便でした…。帰ってすぐ大きなお風呂に入れるのはすごく良かった。


4日目は、タクシーで出町柳まで出て、河合神社→下鴨神社→加茂みたらし団子と廻りました。

f:id:freaky47:20170331002605j:plain


河合神社。美人になれるという神社です。
花梨でできた「美人水」をいただきました。

f:id:freaky47:20170331002608j:plain

下鴨神社
八咫烏さんの神社です。

f:id:freaky47:20170331002603j:plain

大好きな加茂のみたらし団子。
京都の物産展で必ず出店しているので、年に数度は食べますが、これ大好物です。

その後タクシーで一乗寺へ。
話題のセレクト書店「恵文社」さんへ行きました。

f:id:freaky47:20170331002631j:plain

雑貨屋さんやギャラリーなども併設されていて、全体がとてもセンス良くまとまっています。
よくあるサブカル系書店かと思いきや、気骨とセンスが全然違う、本当に素敵な本屋さんでした。
セレクト本屋好きのお嬢が感動して唸っていました(めっちゃなんやかや買いこんでたw旅行中何も土産物買わないのに、ここで一気に散財)。
交通の便が悪い場所にあるけれど、本好きだったらわざわざ足を運ぶ価値があるお店だと思います。行って良かった。


駅に戻り「美々卯」でお昼を食べ、最後に急いで東寺へ。

f:id:freaky47:20170331002630j:plain


今回の旅行でにわかに仏像に興味を持ったボクちゃんが東寺の立体曼荼羅を見てみたいと言うので、予定を変えて参拝しました。


団体さんと一緒になってしまい、いいポジションで見るのに時間がかかりましたが、東寺の仏像さんたちはバラエティに富んでてとても楽しい。
イケメンで噂の帝釈天さんもしっかり拝観してきました。

 

以上、奈良京都の旅2017でありました!
いただいた御朱印。神社だけですので、4か所です。

左から、下鴨神社、河合神社、飛鳥坐神社橿原神宮です。

f:id:freaky47:20170331002640j:plain

奈良・京都旅行その2

早朝、奈良公園を散策しました。
朝の興福寺五重塔

f:id:freaky47:20170328165159j:plain


この辺りでボクちゃんがスマホを落として、あちこち探しまわり朝っぱらからおおわらわでした(汗)。
親切なお姉さんが拾ってくれていて、無事手元に戻り一安心。感謝です!
ひとしきり泣いて気が晴れたところで、こんどは鹿さんにどつかれてまた涙…もう中学生になるというのになんだか頼りなさ過ぎの我が息子です。
ポケットに鹿せんべいを入れたまま近寄っちゃダメだよ、と言ったのに守らないからこうなる↓(鹿さんに囲まれて逃げているところ)

f:id:freaky47:20170328165226j:plain


五重塔近くに、会津八一の歌碑がありました。

f:id:freaky47:20170328165158j:plain


「春来ぬと今かもろ人行き帰り仏の庭に花咲くらしも」
今の季節にちょうどいい歌です。


奈良2日目は飛鳥へ行きました。
まずは橿原神宮へお参り。
広い境内はスッキリと簡素にまとまっております。

f:id:freaky47:20170328165157j:plain


母の腰の具合が怪しいので、なるべく歩かずに、駅からタクシーで一気に石舞台まで移動しました。
このタクシーの運転手さんがもの凄い歴史に詳しく、メチャクチャ話の面白い方で、とっても楽しい時間を過ごすことができました。運転手さんが今ハマってる面白い本と教えてくれた本が、偶然私が鞄の中に持ってた本と同じだったり。…ってこれが関裕二さんの本なんですけど(要するにトンデモ歴史本といわれているもの。私はわりと信じちゃってるけどw)「トンデモってわかってても、面白いんだよね!」って意見が一致して大いに盛り上がりました!
車の中には歴史の本が何冊もあって、お客さんが載っていない時間、この運転手さんは読書をしながら歴史に想いを馳せて過ごしているんだろうな、と想像すると、なんだか心がホクホクしました。市井にはナニゲにステキなインテリさんがいるなぁ。

 

石舞台。
よくある真横からでなく、入り口側から写してみました。
石舞台ではいつもなぜか空が広く見える。

f:id:freaky47:20170328165156j:plain


私が奈良で最も好きな場所は石舞台と飛鳥寺です。蘇我ファンなのでね!
両方とも蘇我氏ゆかりの場所だというのもあるけれど、石舞台に関しては、このCM↓の影響も大きい。

www.youtube.com

ここまで凌辱された古墳は他には無いですからね。異様なのです、ここは。
「いったい何があってこうなったのだ?!」という、もの凄い大きな謎が横たわっている。果てしない想像力が喚起されるのです。

バーチャルリアリティ(VR)で、石舞台の制作の様子を見る、というガイドがあって、体験してみました。

f:id:freaky47:20170328165225j:plain


石舞台造設の様子を上から俯瞰して観察する風になってて、VRの映像を見てるだけとわかっていても、足元がグラグラしました。怖かったー。
でも、安全な状態でスリルを楽しめるってのは楽しいですね!初VR体験でした。


石舞台を出て、近くの食事処でランチをしたあと、田舎道をのんびり歩きながら飛鳥寺方面へ。
途中、「伝 飛鳥板蓋宮跡」を通りました。

f:id:freaky47:20170328165154j:plain


ここは、皇極天皇が都を置いた場所。乙巳の変があった場所です。
ここで殺された入鹿の首が、飛鳥寺裏手にある首塚まで飛んで行ったと伝えられてます。
実際に飛びそうにも飛ばなそうでもある微妙な距離に、ちょっと怖いリアリティを感じます。
首塚のすぐそばに、中大兄皇子中臣鎌足が出逢ったと伝えられる蹴鞠の場もあります。
史跡の全てが距離的にとても近く、ごく限られた場所でいろんなことが起こっていたのを感じ取れます。


飛鳥寺は馬子が建立した日本最古のお寺。
御本尊の飛鳥大仏さんは鞍作止利の作。トリ(@日出処の天子)が作ったのか~と想像するだけでなんだかジーンとします。

f:id:freaky47:20170328165227j:plain


何度もお会いしている大好きな仏像さんなので、いつものように心穏やかに向かい合っていたのですが、解説の方(飛鳥寺ではありがたいことに、行くたびに解説をしてくださる方がいます)のお話を聞いていたら、急に心がざわつきはじめました。
「何度も火災に遭っては焼け落ちた寺ですが、大仏さんは当初の位置からほとんど変わることなく、1400年の間ここに鎮座しておられます」…と解説の方がおっしゃっているのです。
不可解でした。
なぜなら、飛鳥大仏は、当初作られた像(飛鳥時代のもの)は焼失してごく欠片(片頬の一部分と、手の指など)しか残されておらず、ほとんどは後世に補修したものだと私は高校時代に教わっていて、以来ずっとそういうものと思い続けていたからです。歴史は古くとも継ぎ接ぎが過ぎるゆえ国宝指定もされていないのだと認識していました。
私はその「微かな飛鳥時代の名残り」を感じながら(微かな名残りであるからこそ)、飛鳥大仏さんを愛でていたのです。
ところがなんと、近年の研究(2012年の報告)で、科学的分析によって、ほぼ全体が飛鳥時代のものがそのまま残っているのだということがわかったのだそうです!
マジか!!ビックリ!!
これってめちゃくちゃ凄い発見ですよ!残っているのが奇跡のような仏像さんではないの。
これがまるまるトリの作だなんて、感動で震えちゃう。
本来の位置からは変わっていないけれど、再建された堂の大きさは当初より全然小さいのだそうです。本来は釈迦三尊像だったので両脇に二体の仏像さんが侍り、さらに大きな光背もあったそうで、それから考えると、もとの伽藍はものすごく大きなものであったと考えられるようです。絶大なる蘇我氏の権力をもってした国家事業だったのですね。

こちら参照のこと。

www.waseda.jp


このように、奇跡のようなもの凄い仏像さんであることがわかった飛鳥大仏さんですが、相変わらず写真撮影もできるし、手が触れられそうなくらいすぐ近くで見ることもできる。ごく庶民的な感じで、気どらずに向き合えるのがいい。靴を脱いで上がる小さなお堂の中で、足を崩して自由に寛ぐことができることもあって、実にホッとした時間が過ごせます。
お供え物も庶民的よ。

f:id:freaky47:20170328165224j:plain


なんと「早ゆでマカロニ」と干し椎茸です!
大仏さんがマカロニ食べてる姿想像したらめちゃくちゃ可笑しくて。こういうところ一つとっても、古代の飛鳥大仏さんと私たちの日常がフツーにつながり、溶け合っているような、心温まる思いがします。いにしえから時を重ねて、「今を生きている」んだなぁ、と感じる仏像さんです。


飛鳥寺を出た後、飛鳥坐神社へ行きました。
ここは男女和合そのまんまの「おんだ祭り」というお祭りがあるので有名な神社です。売ってるグッズもスゴかった(^^;…ここは折口信夫が養子に入った神社でもあるのだそうです。
続きます。