スペシャルBOX来た

今日は(日付変わっちゃったから昨日だけど。15日ね)NEWS結成15周年のアニバーサルデイでした。
記念の「生きろ」BOXセットが届きましたよ…

 

f:id:freaky47:20180916014257j:plain


3か月前だったらすっごく嬉しかったと思うけど、今はびっくりするほど気持ちが冷めてしまってちっとも嬉しくない。
惰性で記念BOX買ってはみたけど、もうNEWSは私をときめかせてくれないんだというのを再確認しただけだった。
つくづくイメージというのは大事だね。
アイドルなんてほぼそれだけだよ。
歌がうまいだのダンスがー演技がーなんて実際は全てイメージに準じる。
「準じる」のであって、重要ではないということじゃないよ。優先順位の問題。

NEWSは不祥事続きでイメージが失墜したけど、それ以上に信用まで失墜しているのが個人的にはダメージ大きい。
未成年飲酒だろうがなんだろうが、正直に起こったことを全部話して誠心誠意謝ってくれていたら、私はこんなにNEWSを嫌いにはならなかった。むしろ応援したかもしれない。
正直になんて言えないくらい闇が深いだろうことはわかるから、もう、こうするしかなかったんだね。
でもそのために犠牲にしたものは計り知れないよ。
もう戻れない橋を渡ってしまった彼らに、何を言ってもはじまらないけれど…
せめてそこだけは、クリーンでいて欲しかった。

15周年おめでとうとは言えない。
お祝いを言えない私はファンじゃないんだろうね。
愚痴ばかり言って批判的だったフォロワーさんたちまでもが、アニバーサリーとなるとかなりの率でお祝いモードになったのにはビックリした。
ありゃー、ホントに「ただの愚痴」だったんだなぁ、と。
本気で彼らに変わって欲しいわけじゃないんだな、と。
NEWS本人たちもアニバーサリーで自らおめでとうを連発してる。
ファンもタレントも何を考えているんだろう。それでいいと思っているのだったらどいつもこいつもパッパラだよ。
てか、あれ?ホントは何もなかったんだっけ?私、夢でも見てたのかな?
私が何か間違っているのだろうか?…って不安になるレベル。

増田さんも弱くて非力な存在だね。
結局、汚い世界に身を置いて嫌なものは見ないフリして生きていくんだ。
NEWSを続けることで生きてゆける人たちがたくさんいるんだよね。わかるよ、それは。増田さんがそれを無視できない人だというのもわかる。
だから私は増田さんのことは変わらず応援してゆくつもり。
でもさ、もうサンダーなんて歌っても絵空事だよ。説得力ないもん。
そう思われるのはしょうがないよ。
誰にとっても、選択は何かと引き換えなんだよ。

あ、あんなのただの歌か。気にするだけムダだわね。

…ってな感じで相変わらずこの沼で右往左往の日々です。
何よりもこんなくだらない自分が一番イヤなんじゃーーー!

チャレンジ、失敗です!

あーもー(涙)。
100日チャレンジ、頓挫しました。
途中までは「大丈夫かな、遅れても続けよう」と思ってたんだけど、日々去ることの速い速い目が回るくらい速い!
とてももう追いつけるブランクではなくなってしまいました。
連続更新はできなかったけれど、SSの100題だけでも続けよう…と思ってたんですが、これもね…
ちょっと続ける気が失せてしまった。これだけ空いてしまうと、モチベーションなくなってしまうよね。
SS書けないとブログも更新できず…という感じでどんどんドツボにハマるし。
というわけで、ここはとりあえずギブアップ宣言します。
いずれ続きは書くかも書かないかもわからないけど、とりあえずいったん棚上げ。ブログ更新を優先します。
書けなくて筆が止まってしまったお題が「メンバー」ってのがまた(汗)。
「メンバー」って言葉はもう今の私には”問題を起こしたジャニタレ”という意味でしかないんだもんね。
そこから思考が全く動かなくなっちゃって。

ブログ更新しなかったブランク期間、新しい仕事に夢中でした。
洋裁を教えたりサンプル作ったりする仕事をしているのだけど、とにかく怒涛のように洋服を作る日々(今日も5着作りましたよ!)。
夢中になってやってるので時間の流れが本当に速い。
朝が来たと思ったらすぐ夜になる、月曜が来たと思ったらすぐ週末!みたいな感じ。要するに作業がいっぱいいっぱいで意識が追い付いてないんですよね。
でも基本的に楽しくてたまらないので没頭しちゃう。

あまりにも楽しいので新しいミシンも買っちゃったし、アイロンも新しくしたし、マネキンももう1体新規購入しました(^^; 職場だけでなく家でも洋裁に集中できる環境を、と思って部屋を模様替えして作業場に改造中という凝りようです。

その合間に、始めたばかりのツイッターに注力してしまい、ついついブログが疎かになり。
基本、今のところツイッターでは愚痴しか言ってないので不本意なんですけどね。
NEWSと増田さんのことしか話してない、ほぼ専用アカウントと化しています。
こんなこと言うためにツイッター始めたんじゃない…って意識はあるんだけど、どうにもこうにも言いたい事を言ってると愚痴になるのよ。
だからそれ以外の事を書くためにもブログをやめる気はないし、ここが私のホームだということは確かなので、もっと大切にしないとですね。
日々更新とはいかないまでも、ちゃんと更新するようにしたい。誰の為でもなく自分のためなのだからね。

以上とりあえずギブアップ宣言、及び近況報告でした。

最高に遅れている…(汗)

うわー。日々ssが溜まっていく…
なんと1週間分だよ!ひやーーー(現在、8月29日(爆))
毎日が過ぎるのってあっという間ですね。怖い怖い。
…べつに読んでる人もいないでしょうが(汗)、自分の中での課題だから、やっぱりちゃんと最後まで完走したい。へろへろ更新でも、なんとか続けます。少々時間かかりますが、いつか追いつく。
今月中には?!


【本日のSS】


お題:022

ティッシュ
********************

 

仕事でツラい思いをした。
でもその案件は客観的に見たらたぶんとてもくだらないことなんだろうという自覚はあった。
それでもツラさは自己比でしか計れない。
大好きな彼とのデート。
何日かぶりにやっと逢えたのに、自分の個人的な悩みなんか抱えていたくなかった。
でも、優しい彼と一緒にいたら、なおさら気持ちが弱くなってしまった。
ホッとして気持ちが緩んで涙が出てきた。
いったんそうなったらもう手が付けられなかった。
あとからあとから涙が溢れた。

「え!ちょっ…どうした?ダイジョブ?」
彼のせいではないのに、可哀想なほど動揺させてしまった申しわけなさに、さらに涙が止まらない。
彼はポケットやカバンをあちこち探って、ポケットティッシュを差し出した。
「ゴメン。ハンカチ持ってなくって」
駅前で配ってるサラ金の広告が入ったティッシュだ。
大きなハートと共に「愛が一番」と書いてあった。
思わずクスッと笑った私の手を、彼が優しく握りしめた。

(404文字)

 

********************

「あ~いが~いち~ば~ん」…キンコメ今野の顔しか浮かばない(爆)。

新しいパソコンが来た!

お誕生日に…ってわけでもないんだけど、使用中のノートが不具合多発で、書いてたテキストがいきなり全飛びしたのを機に新しいノートを買いました。
持ち運びを考えて軽量でバッテリが長時間のヤツ。

f:id:freaky47:20180822122052j:plain

f:id:freaky47:20180822122048j:plain


思った以上に軽いです!
これで思いっきりテキスト書けるぞーー \(^o^)/
(今まではアプリが予告なしにいきなり閉じたり、書いてる最中に文章が飛んだりしたので、何行か書いては保存…ってのを繰り返さなくちゃならなくてストレスだったの…)
もしかして動画作成もできるかな…今までより容量増えたしサクサク動くから。ちょっとそれも楽しみだわぁぁ。


【本日のSS】


お題:0021

 

「魔法」
********************

見上げた夜空は暗かった。
足取りが重い。
公園のベンチに座り、喘ぐようにバッグからメモ帳を取り出した。

他人には期待しない。
承認などいらない。
物欲しそうにしない。
誰も真似できない独自の道を行こう。
私のやることは私しか知らない。
私は、私は、私は……

メモ帳にありったけの言葉を書く。
私を支える言葉。
誰も何も言ってはくれないから、私は私に言葉をかける。
自分に言葉をかけている間は、前を向いて歩けるような気がしていた。

孤独?
そんなのあたりまえ。
そういうアンタも孤独じゃないの。
だから言葉が必要なの。
言葉は行く先を照らす標(しるべ)だから。

暗闇の中で、ポーンと着信音が鳴った。
「おつかれー。晩ご飯は鍋だよ(^0^)」
彼からのLINE。
「あと5分で帰るね」
なんでもない日々の会話。
なんでもないけれどとんでもなく優しい言葉が、魔法のように世界を変える。
足取り軽く帰路を急ぐ。
見上げた夜空は輝いていた。

 

(404文字)

********************

 

ちょっとモノローグ風。

阿嶽がスゴイことになってた!

普段あまりチェックしない微博の方を覗いたら、阿嶽がすんごい事になってた!!
驚愕!!!!!!!!

f:id:freaky47:20180822122055j:plain


なんだこれ!!!
髪があるぞ!

20年以上スキンヘッドでやってきたのが、ここにきていきなり!
ネットで「整形じゃね?」みたいに言われているよ…おいおい(汗)
うん、そりゃそうだよね。世間の素直な反応としては。
でも、スキンヘッドの時も何日かズボラにしてると髪の毛生えてきてて、それ見て「禿げてはなくね?後退はしてるけど」って思ってたんだよ。で、後退してるのはほぼ20代の頃から(つまりもともと後退気味)だったわけだから、まぁその頃はいろいろツッコまれててイヤになってシャレオツなスキンヘッドにしたんだと思うんだけど、そうヒドイ状態でもないとは私は思ってたわけ。でもまぁオシャレかどうかで言えばスキンのがオシャレだったのかな、と。
面倒だしもうどうでもいいやーってナチュラルな状態に戻したのかも。
あーでも、個人的には髪がある阿嶽が大好きだから(私が一目惚れしたのは髪あり阿嶽だからね!)私は個人的にこのまんま行ってくれたらヒジョーーーーに嬉しい!

ちなみに奥さんはもう臨月で、来月出産予定だそうです。病院でエコーで見た赤ちゃんの鼻が張震嶽そっくりに大きいそうですよw
すっかりパパの顔ですな。
しばらくは奥さんとお子さんを第一に、のんびりお過ごしくだされよ。曲作りとかしながらね。
その間私は増田さん萌えしてるから大丈夫よ!
私がジャニヲタに疲れた頃には戻って来てね…(我儘)

 


【本日のSS】


お題:0020

 

「トマト」
********************

 

朝起きて玄関の戸を開けると、たくさんの野菜が入った籠が軒先に置いてあった。
茄子、胡瓜、トマトにピーマン。
朝採りの野菜たちがつやつやと輝いている。頬が緩んだ。
嬉しくて、急くような気持ちで隣家へ走っていく。
勝手口が開け放たれていて、台所が見えた。
胡瓜を切っている姿に浮き足立つ。
「おはよう」
声をかけると、彼がニコッと笑った。
「野菜ありがとう」
「今日も採れすぎちゃったからね。押し付けてるようで悪いけど」
「ううん。そんなことない。嬉しいよ」
「朝めし、食った?」
「まだ」
「じゃ、一緒に食お」

幼なじみの彼とはこうして何度も朝食を共にしている。
夜を共に過ごしたことは一度もないけれど。

「このトマト、すっげ美味いよ。食べてみ」
つややかなトマトを、箸で掴んで私の口元にもってくる。
口を開けるとトマトがつるんと滑りこんできた。
「ん。おいひいね」
トマトを咀嚼する私の口元をじっと見て
「…美味そうだなぁ」
と彼がつぶやいた。

(405文字)


********************

「美味いよ」とすすめたものを食べた人に「美味そうだなぁ」というのは文脈的にトンチンカンでしょ。
つまり「美味い」の対象が違うんですよ、ってのを示したかったのです。
「美味そう」ってのはトマトを咀嚼するエロい彼女を見てたらつい出ちゃった言葉なのよ、ってことでw
この2人はもう時間の問題です!