読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ヌメロ東京」のインタビュー

Miyaji

ミヤジのインタビューが「ヌメロ東京」に載っています。
これ、写真の静かな雰囲気と相まって、なんだか胸にジーンとくるようなインタビューでした。

numero.jp


今までミヤジの中になかったワード「ファッション」。
若い時から、大の男が着るモンなんかにこだわるもんじゃない、みたいな硬派な気持ちがずっとどこかにあったんだと思うし、その感覚をベースに「ファッションにこだわる前にやることがあるとどうしても思ってしまう」という境地で徹底して白と黒の服だけでやって来たのだと想像していますが、50になって思考の変化があったんでしょうね。
服を買うようになった(しかもその行為が好きになった)と最近はよく言っていて、今回もそのことについて語っています。


「先日、選挙の期日前投票に帽子を被って行ったら、近所の10分ほどの道のりをまるでリゾート地のような気分で歩くことができたんです」

 


「みなさん紺色の服なんて普通だと思うかもしれないけれど、僕は紺色の服さえ持っていなかった」

 


ユニクロで僕は白や黒ではなく、カーキ色のシャツや水色のズボンを買いました。涙が出るほど嬉しかった。黒じゃない服を、自分で選んで買っているんだということに感動しました。それで、洋服とは自由を買うことなんだと勉強しましたね」

 


ちょっと泣ける。
なんだろう、このまっさらで柔らかな感性は。
どこかの仙境から俗社会に降りてきたヒトのようではないですか。
何かに似ている……と、考えて、そうだこれ、純文学じゃん。と、思いました。
マッタンと千鳥の大悟の会話に、


大悟「これって純文学か?」
マッタン「そうです。純文学です。」


ってやつがあるんだけど、そんな感じがフッとよぎった。
「これ」にはいろんなものが入ります。何気ない会話とか、その時目にしたものとか、状況とか。
要するに、この世界には純文学的なものがいろいろとあるのだけれど、それは見る人によってそう判断されるのです。
判断されるから、実在する。思う故に在る、のです。
私ね、ミヤジを見ているとその存在そのものを「純文学だ」って思うんですよ。
ミュージシャンだし、創作をするヒトなんだけれど、醸し出す空気がなんだか(音楽的であるというよりも)文学的に感じる。そしてそこがとても好きなところでもあるのです。
帽子のくだりは実に象徴的でした。
帽子をかぶった宮本くん、想像できます?!
今度は芥川のような「麦わら帽子」に挑戦したいと言ってるよ……
うわードキドキする!!(いろんな意味で←怖いもの見たさ、みたいなw)

慶ちゃんキター

TV

高畑容疑者の騒動で、日テレの24時間テレビがかなり混乱してて大変そうです。
にわかNEWSファンの私もなんだかハラハラするような思いがしてますが、そんな中でも我が家では加藤シゲくん主演のドラマがどうなるかというのが話題でして……ってのも、このドラマには若林が出ているので(ウチのお嬢さんがヲタなもんですから(^^;)、お蔵入りなんてなったら許せん!ってことだったんですが、どうにか代役を立てて録りなおし、と決まってホッとしたのでした。

ところが、昨日になってなんとその代役が小山慶ちゃんに決まったというので、今度は逆に盛り上がっております。お嬢だけでなく私も、一気にめちゃくちゃ楽しみなドラマになりましたよ。
こういうのを雨降って地固まる……というか、災い転じて福となす、っていうのよね、まさに。
よりによって慶ちゃんって…今、テレビの中にいる人の中で断トツってくらい忙しいんじゃないでしょうか?メインを務める24時間TVまであと2日よ?もちろんエブリは休むよね?
もっと暇なタレントって山ほどいると思うけど…でも、こんなミソがついちゃったドラマを立て直すにはやっぱり”NEWSが力を合わせて頑張った”というド根性な愛の共同作業の雰囲気が絶対必要だったんでしょうね。
頑張れリーダー!慶ちゃんなら絶対できる。しかもすごくスマートにやってのけちゃうでしょうよ。
それにしても日テレさんお見事ですね。こうしてピンチはチャンスに変えるのだな。

anan (アンアン) 2016/08/31[太ももと股関節]

anan (アンアン) 2016/08/31[太ももと股関節]

 

 昨日、珍しく「アンアン」を買いました。
太ももと股関節が気になってねー。
って、すいやせんウソつきやした(@ウソ太郎)

太ももももちろん気になりますけど(「も」が4っつも並んだ!)、ひそかにNEWSの記事目当てですねー(´∀`*)。
「太ももNEWS」ってのには茶吹きました。アイドルの世界って濃いのね…。

 

追記:

えっ(゚д゚)!慶ちゃん、エブリに出てるし!

大丈夫なのかっっ?

「シン・ゴジラ」

movie

話題の「シン・ゴジラ」を観に行ってきました。

f:id:freaky47:20160825005243j:plain

MX4Dで観ました。
最初は、ゴジラの映画というよりも、この劇場システムを体感したくて行ったようなものだったのですが、結論から言うと、期待してたMX4Dシステムにはモニョりましたが、映画そのものにはいたく感銘いたしました。
この「ゴジラ」、すごいよ…めちゃくちゃよくできている。
思想、民族性、歴史…さまざまなメタファーが盛り込まれた物語(脚本)、風景や都市の構造などのセット、秀逸なデザインや見事なCGなどの技術、多くのキャストの使い方など、見どころは本当にたくさんある。
これは日本を代表する映画になると思う。世界のどこに出しても恥ずかしくない映画でしょう。まさにクールジャパンだね!
さすが庵野さん。ケタが違うわ。

ゴジラの襲来は絵空事の怪獣映画ではなく、原爆や原発事故、大震災を経験している国ならではの、どこか「もしかしたらまたきてしまうかもしれない」近未来を見るような恐怖がひしひしと迫ってきます。
荒唐無稽でありながら、ある意味、凄くリアルなのです。
危機的状況下の政府の遅々とした対策ぶりや、どこに、誰に決定権があるのかわからない政府の構造、何事もアメリカに振り回されるところなんかも、「きっと実際もこんな感じだろう」と思わせる説得力があります。
でも、やっぱりこれは虚構なので破壊シーンは「とてもキレイに」描かれています。
一人の死者も映らない。血も一滴も映らない(かすり傷程度)。パニックモノでよくあるような一家族やカップルに焦点を当てて、感情を揺さぶるような演出もない。人間が犠牲になっているという恐怖や絶望は、ただ見る者の想像に任されるだけです。
街が破壊されていても、まるで無人の街のよう。
破壊される街を逃げ惑う人々の様子も描かれますが、実際はあんなもんじゃないというのは簡単に想像できます。東京がパニックになったら、その混乱はもっともっと規模が大きい。人が走って逃げられるような余地はない。
石原さとみの演じるギャグみたいな米国大統領特使・カヨコ・アン・パタースンは虚構の楽しさを感じさせるし(思い切った演技が凄くイイです!)、専門家の対策チーム(「7人のオタク」みたいなの)の存在もめっちゃイイ。市川実日子演じる環境省の尾頭ヒロミがサイコー!高橋一生津田寛治もいい存在感出してました。
このプロジェクトチームって漫画っぽいけど、これがないと映画として面白くなくなっちゃうという重要な役どころですね。
現実味のある恐ろしさと虚構の安心感とが絶妙に混じり合っているので、映画として(娯楽として)楽しめるのです。その塩梅は、絶妙でした。

衝撃的だったのが、ゴジラの「第二形態」です。
なんと、ゴジラは映画の中で進化するのですよ。
はじめからあの巨大な溶岩の塊みたいなゴジラが出てくると思ってたんだけど違った。前知識なしで行ったから全然知らなくて、ビックリしちゃった。
最初に上陸するゴジラがめちゃくちゃキモチが悪いんだよ!(上陸前の尾っぽだけ見える状態が「第一形態」。上陸してからが「第二形態」だそうです)
目が飛んだウツボみたいな顔で、エラから真っ赤な液体をビュービュー流しながら、ものすごい勢いで這ってくる見たこともない巨大な生き物。濡れた体も悪臭がしてそうな質感だし、動きもブルブルガクガクしてて、夢に出てきそうなキモチ悪さなの。あれ見るだけでも一見の価値があるかも(怖いもの見たさ、ってので)。
危機の最初はまだ小さいのに、次第に大きく強くなり取り返しがつかなくなる…というゴジラの進化も、思えばどこか象徴的ですね。

 実はロケ地にウチの地元(家のすぐ近所)が使われているのです。ロケ当日はその様子を観に行ったりもしたんですよ。ボクちゃんの同級生がエキストラで出演していたのですが、そのシーンがどこで使われているのか全然わかりませんでした。元の映像にCGでかなり手を入れてるので、元のロケ地などはもう判別できないのですね。我が地元が東京の大田区になっていたんだと思いますw

MX4Dにモニョったというのはね…私、なんか勘違いしてたんですよね。思ってたんと違ったの。
昔、ディズニーランドにあった「ミクロアドベンチャー」の進化形みたいなのを想像してたんですよ。
つまり3Dメガネをかけてね、で、イスが動いたり空気や水が飛んできたりするんだ、と。
でもMX4Dに3Dメガネはついていないのでした。画面は立体じゃなくて、フツーの映画(よりも会場が小さい分、スクリーンも小さかった)。フツーの映画を見ながら、イスが揺れたり空気や水がきたりするわけ。
うーん……これだったらスクリーンが大きい普通上映のほうがいいなぁ(1000円安いし)と思ったのだけど、それは思ってたんと違った肩透かし感があったためで、1000円余計に払ってもこれはアリ、というヒトも大勢いますので、人それぞれですね。
ネットで「石原さとみの出演シーンでイイ匂いがする」というのを聞き及んですっごく楽しみにしていたんですけど、それもありませんでしたねぇ(ガセだったようです。出演シーンで思いっきり鼻孔を広げて待機してたんだけど(^^;)。でも不思議とゴジラが街を破壊しているシーンでちょっとイイ匂いがしました。

気のせいかw

www.youtube.com

優勝!

diary

作新学院、優勝しました!
やったーーー\(^o^)/

第98回全国高等学校野球選手権大会優勝です。
54年ぶりに、深紅の優勝旗が宇都宮にやってきましたようぅぅぅ(感涙)。
危なげのないしっかりした試合運びと、きらりと光るファインプレー、今井くんの最後までの頑張り、すべてがお見事でした。

素晴らしかった。
もう、見てるこっちも大盛り上がりでした。楽しかった!
小針監督、泣いてたね。ジーンときちゃいました。大好きだわ、監督!


閉会式が終わってすぐ作新学院へ行ってみたら、すでに優勝の横断幕がかかっておりましたよ!

f:id:freaky47:20160821231308j:plain


こっちはリオ五輪

f:id:freaky47:20160821231310j:plain


水泳の萩野選手も作新学院OBなのですよ。
金銀銅と3色もメダル獲っちゃってもうーーー凄すぎ!!
(ここは敷地内の工事用のパネルですが、正門のところには萩野選手のもっと立派な掲示がありました。人が多くて写真撮れなかった)


近くの東武デパートの入り口にもさっそく看板がかかっておりました。

f:id:freaky47:20160821231311j:plain


高校野球もオリンピックも終わっちゃって、夏も終わりですね。
今夜は日本近海で台風が吹き荒れておりますが、それが過ぎたらもう秋かしらん?

適性診断

diary

作新学院、勝ったよーーー!!

すごいーー!!
明日はいよいよ決勝です。
優勝する気しかしない。
バイ、50年以上ぶりに栃木に優勝旗来ちゃう?
北海高校の大西投手がアンジャッシュの渡部に似てる(←高校野球フリークのボクちゃんが発見した)ってんで、ウチではずっと「渡部」って呼んで応援してきたんですけど、よりによって決勝で我らが作新学院と対戦するとは!
残念だけど、もう渡部の応援はできませんなぁ。明日は作新打線にボコボコに打たれてくだされ(←鬼)。

 

閑話休題
一昨日、誕生日に高らかに50歳の目標を宣言したばかりなのですが、来年のライジングはエレカシの出演がなさそうだわ、家族には「行きたくない」と反対されるわで、どうも早々と修正を余儀なくされそうです(汗)。
やだーもーマヌケ。
こうして何事も思いつきで決めてしまうのが私のダメなところで、言ってみりゃデフォルトなんだけども…相変わらずの単純仕様でイヤだわー。
「精神年齢鑑定」ってのやってみたら案の定、20歳でしたからね(哀)。
見た目年齢とか体内年齢が20歳だったらそりゃ嬉しいけど、精神年齢が20歳ってのは…アレレですよね。無駄にトシくってる感パない。

f:id:freaky47:20160820233826j:plain

www.arealme.com


ついでに「職業適性テスト」ってのもやってみた。

www.arealme.com

 

どうやら私は「思想家」タイプだそうですよ。

f:id:freaky47:20160820233828j:plain

適性分析図。

f:id:freaky47:20160820233827j:plain


たぶんこれ、かなり当たってると思うのだけど、面白いのは、「どのように人生設計をするか」を判断する「知覚(P)VS判断(J)」の診断。
私は「知覚重視」の性格傾向なんですが、その性格は、「できるだけ多くの情報を集めて判断を下そうとします: 理解し順応するため、過程を重視し、状況が変化する度に目標を変更します。生活の中にいつも予測できない事態のための余地を残し、自由で余裕のある生活を好みますが、それが乱れを生むこともあります。」というものなのです。
おお!まさにこれ。

ちなみに私とは正反対の「判断重視」の人は、どういうヒトかというと、「結果を導くため、決断することを好みます: 計画を立ててそれを遂行し、思い描いた結果が得られることを期待します。結果を重視し、生活の中でも一つひとつ順序だった展開を望むため、時間を常に重視します。」だそうです。これが全く自分とは正反対なのはわかります。

こういうのって、信憑性があるのかどうかわかりませんが、自分のことがわからない、というヒトにはちょっとした参考になるかもしれませんね。
アインシュタインのタイプ」なーんて言われて、ちょっと自信が持てちゃったし(←やっぱり単純)。

まぁ、50歳の目標はまた別においおい考えることにします。
「状況が変化する度に目標を変更」しつつ、ね。
というか、目標とかもういらないのかも。
今日やるべきことを、できるだけ今日やる。朝、目覚めてから今日のことを考える。
そういう”その日ぐらし目標”みたいなのが、案外いいのかも…なんて思ったり。

50回目の誕生日

diary

記念すべき、半世紀目の誕生日がやってまいりました。
感無量。
でも、特別な変化は何もないし、あらためて区切りを設けて何かを始める、という気概があるわけでもなく…ただ淡々と、いつも通りの普通の日々に歓びを噛みしめながら、感謝の気持ちで過ごしております。
この歳まで、私はとても幸せに過ごしてきました。ありえないくらい恵まれているのを思います。だから私は何かを望む立場にはないのです。感謝のみ、です。
このようないわば”自由に何だってできる”はずの良い環境に長いことありながら、私は何一つ努力もせず、ただ漫然と夢ばかりを見てヘラヘラとその時々のラクで楽しいことばかりに耽って時を過ごしてきました。だからイイトシしてまったくツブシが効かない。本当に不甲斐なく、情けなく、ただひたすらにこの身のダメっぷりを嘆くばかりです。このままではダメだ、これはもうばちがあたるレベルで不遜である、と感じながらはや30年。(要するに二十歳の頃からダメ人間)
私の心には感謝と反省が常に二つ並んでいる、と常日頃感じながら過ごしていますが、本当の意味での反省なんかしていないのを内心感じています。
おそらく、ぬるま湯に浸りすぎて余裕ぶっこいているのです。自分の人生、まだ先があるような気がして、オノレへの課題を先送りにしているだけなのです。低きに流れる水の如く。生まれて50年、ずいぶん物慣れているべき歳になっても、自覚のない人間はいつまでも子どもです。せめてそのことに気づいているだけでもまだ救いがあるのかもしれない。…というところを心の支えとして、立派な大人になるべく頑張っていかないと、と思う「知命」の日であります。

私はこの先、何ができるのだろう。
どのくらい時間があって、どのくらい元気があって、どのくらい遠くまで見ることができるのだろう。
そんなことを考えていると、もう本当にできることなんてごくわずかのように思えてきます。
未来のことを常に夢見て生きてきたのに(30になっても40になっても「将来の夢」を嬉々として語る、というノー天気なタイプ(汗))、急に先行き長くないような考えに囚われ、夢も希望もないような気分になってしまう。
半分になったコップの水を、昨日まで「まだ半分もある」と思っていたのに今日は「もう半分しかない(しかもぼっとして倒したらいっぺんでなくなる)」と思って自暴自棄になるような感じです。
けれど、そう考えるそばから、心のどこかで「もしかして年齢や残された時間などを何も考えずに好きな事だけ夢中になってやっていたら、今からだってどこへでも行けるんじゃないか?」というスーパーマン幻想もあるのです。
残り時間を考えて行動するか、考えずに行動するか。
とりあえず今の私は「残り時間を考えているのに、残り時間が無限にある人間の行動をしている」のです。だからむやみに焦るんですよね。
人間、このどっちつかずなのが一番ダメなのよ。焦った挙句、結局何もできない。
で、私は気づいたのです。
長いスパンや大きな目標で考えるからこうなるのだと。時間も物事も絵空事になってしまう理由は、そこに実感が伴わないからなんだと。
設定する未来が「私の夢」レベルでいちいち壮大であるがゆえに、私はイイトシしてワナビなのよ。
だったらそこを改善して、すごく短いスパンの小さい目標を立てよう、と思い立ちました。その「小さい目標」には、それなりのモチベーションが必要です。「私の夢」とかじゃなくって、現実的な即効性のある欲望というか、現実に即した「餌」ですね。
私は持久力がまるでないのですが、瞬発力だけはあるので、短期の単一目標だったらどうにかできるんじゃないかと思うのです。
ごく短期の目標だけを設定して、それ以外は欲張らない。そこさえできてれば、他でダラダラしても自分を許す、ということです。
「これから」ではなく、とりあえず「今年」だ。目先の目標を決めて走ってゆこうではないか!と。
ということで、今年(というか、50歳の)目標を決めました。

 

「来年の夏、RISING SUN ROCK FESTIVALに行く。ただしその資金は創作で儲けたお金であること」

 

フェス行きたい願望が沸々と胸に沸き起こっている昨今ですが、中でも一番の憧れが、ライジングサンです。北海道での開催ですから、行くとなったらしっかりと旅行だし、野外で夜明かしするからキャンプの装備なども必要で、かなり大掛かりになる。費用も一人分じゃ済まない。
経験者さんのブログなどで調べたら普通にかかる必要額は総額12万くらい。事前準備でテントやキャンプ用品をそろえたり、現地でアーティストグッズやなんやかや買い物したりというのを入れたら一人15万はかかる。4人で予算組んだとして、最低でも50万は必要だね。
つまり、50万の資金を、私は公募小説で稼ごう!と思ってるのダ!
今まで創作をなかなか公募に出せないのは、どうせ落とされるだろうという恐怖心があったからで、自分で完璧なモノ(というか、とりあえず、落とされないだろうと思える水準のモノ)が書けるまで、待とうと思っていたからなのですが、そんな日は絶対来ない!来ないのですっ!
なので、とにかく「書いたら出す」。
自信がなくても、こんなんダメにきまってると思っても「書いて出す」。
落とされたかどうかとかわかんないくらいいろんなところに「書いては出す」。
ということをやりたい。
これをやるにはモチベーションが要る。ただ闇雲にはできないんですよ、へんなプライドがあるから。
でも、そこにちんけなプライド以上の別の欲望を付加すれば、すんなりとできるような気がするのです。
まぁ、やってみないとどうなるかわからないけど、1年で片が附くんだからやってみて損はないのです。現実的な「餌」(ライジングのステージでミヤジを見ること、です!)への欲望がどんだけ私を動かすか、です。
とにかく私はライジングに行きたい!でも、こんな気持ちのままでは行ってもしょうがないのです。ただブラブラしてる頑張ってもいない人間が、享楽だけ求めてもシアワセはないのです。自分のチカラで”掴み取る”ことをしなくては気持ちよくないじゃない。
気持ち良く行くフェスに参加するには、自分のチカラで、自分のやりたかったことで、ちゃんと稼いだお金で行きたい。それでこそ楽しめる気がする。
パートで働いたお金じゃダメなのよ。それだったら時給×期間ですぐに答えは出る。でも、根本的にそういうことじゃないんです。カネの問題ではないの。
フェスに行きたいという気持ちを隠れ蓑にして、(というか、そっちに夢中になることで)自分の創作に対して自意識を過剰に持たず数をこなせるようにするのが目標なのです。
そしてこうした目先の目標をこなすことでしか、もはや大きな夢へ向かって前進することはできないというのを半世紀生きてきて気づいたゆえの、これは結論なのです。
ということで。
頑張るぞ!まだまだきっと大丈夫。
さぁ行こうぜーーまだ見ぬ明日へ!
来年のライジングサンで逢おう!

f:id:freaky47:20160818173503j:plain

お誕生日のケーキは、壬生町「ヒガノ」の桃のケーキです。
私のリクエストで旦那にプレゼントしてもらいました(´∀`*)シアワセだわ~。
これ、めちゃくちゃ美味しいのよ。まるっと桃が使われててずっしり重い豪華なケーキ。
これから食べまーす!

 

追記:作新学院勝ちました!

ベスト4!!やったーーーー!

夏野菜いろいろ

mono

夏野菜が美味しい季節です。
地場野菜のお店に行くと、採れたての夏野菜がたくさん!
安いし新鮮だし、とにかく色とりどりのお野菜やお花が溢れるように並んでいるのを見るのが楽しくて、毎日のように地場野菜のお店にかよってます。
田舎に住む特権だねぇ(´∀`*)。
初見の珍しいお野菜を見つけるとお店の人に美味しい食べ方を聞いて、試したりしています。
普通のスーパーではあんまり見ない、それらのお野菜の一部をご紹介。

f:id:freaky47:20160815004336j:plain

えごま
最近はアルファリノレン酸が含まれているというので、えごま油が人気になりましたが、えごまそのものは食べたことがありませんでした。
大葉より一回り大きな葉っぱで、かなり毛羽立ってます。ナマで食べるのはキツイ。天ぷらか炒め物に入れると美味しいです。

f:id:freaky47:20160815004335j:plain

コールラビ
キャベツの仲間ですが、形状は蕪です。食感も蕪とかダイコンっぽい。味はブロッコリーの茎みたいな感じ。ナマでサラダに入れても、浅漬けにしても美味しいです。ちなみにこれ、きれいな紫色ですが、中は白いです。

f:id:freaky47:20160815004334j:plain

コリンキー
我が家で大人気のお野菜。カボチャの仲間です。ナマで食べられるのですが、ざっと湯通しした方が食感がイイ(茹ですぎちゃダメ)。柔らかでサクサクしててほのかに甘い。ニンジンラペみたいに細く切ってマリネしても美味しい。色もパワーカラーで元気が出ます。

f:id:freaky47:20160815004332j:plain

四角豆
ざっと茹でて食べやすく切ってサラダに入れています。
食感は、ちょっと毛羽立っている。味は…よくわからない。味の薄いキヌサヤみたいな感じかなぁ。サラダに入れるとアクセントになるかな、という感じ。

f:id:freaky47:20160815004356j:plain

ズッキーニ・ゼファー
小さくて、色彩のグラデーションが可愛いズッキーニ。これもお気に入りでよく使います。普通のズッキーニより柔らかくて甘味があるので、サラダやパスタや付け合わせにフル活用できます。小さいサイズの方が甘くて食感が柔らかいので断然美味しいのだそうです。というか、大きくなってしまうと普通のズッキーニと差がなくなってしまうのだとか。小さいものを選びましょうとのことです(写真のゼファーは大きい方です)。

f:id:freaky47:20160815004357j:plain

味しらかわ

白長ナスですね。どうしても調理すると色味が悪くなってしまうのが残念。もとは真っ白で美人さんなのにね。アクが強くて切ったそばから茶色くなってしまうので、切ったらすぐに水に入れてあく抜きします。味は普通にナスです。皮が固い。


夏休みのお昼ご飯は子どもたちがいるので、野菜を多く使ったメニューを心がけてます。
よく作るのは野菜たっぷりのペペロンチーノ。鷹の爪もガシッと入れるとパンチの効いたパスタになります。野菜だけでなく、シラス干しかベーコンかソーセージの薄く切ったものなども入れてます。

f:id:freaky47:20160815004333j:plain


お肉料理の付け合わせにもいろんな野菜を使うと食べごたえ充分。

f:id:freaky47:20160815004355j:plain


コーンのポタージュも、朝採りのとうもろこしを使って作ってます。
これはナマのとうもろこしから作るのが断然美味しい!(冬場は缶詰になっちゃうので、夏場だけのお楽しみ)
とうもろこしの身を削いだものと、玉ねぎをコンソメで煮て、ブレンダーでガーッと潰してとろとろにしてから牛乳を混ぜ塩コショウで味付けするだけ。
私はトウモロコシが大好きなので毎日のように買ってきちゃうんだけど……これってわりと太るんだよね(汗)。野菜っつーか、穀物(=糖質!)だもん。どうして私の好きな食べ物って糖質過多のモノばっかりなんだろうぅ。