読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご心配おかけしました

diary


昨日今日と、数人の方から「ブログがなくなってるけど、どうした?」との連絡をいただきました。
私の方から見る限り、フツーにブログは存在してるので、どういうことだかわからずに管理画面を見てみたら、公開モードが「プライベート」になっちゃってる。
「あれ?いつのまに。何かの不具合でこうなっちゃったのかな」と、公開モードを「パブリック」にして反映させようとしたところ、何度やってもできないではないですか。
「?!これは何かがおかしい!!」と気づき、調べてみたところ、「はてな」からの強制措置だったことを知りました。
ジャスラックから「著作権に関わる楽曲の歌詞が書かれてるので削除するように」と警告を受けたので、該当記事を削除してくださいとのこと。
このメールに気づかずに、期日までに削除措置をとらなかったので、強制的にブログ閲覧禁止措置が取られていたのでした。
でも、この該当記事ってのが、ずーーっと前にも同じ警告を受けて、歌詞の部分を全部削除してた記事だったんですよ。
ジャスラックが昔のキャッシュを見て警告を寄越したのかどうだかわかりませんが、ユルイ仕事してんのな。クズみたいなパンピーが営利目的でもなく書いた歌詞の一部に目くじら立ててブログ閉鎖に追い込む、っていうね。どうかしてるわ。ヒマ人か。
しかももうどこにも書いてないはずですよ?どうやって消せばいいのさ。
ちなみに該当記事はフォーククルセダーズの「戦○は○らない」という歌詞の一部を書いたものでした。念のため伏字w
以前すでに削除してるのにまだ言うか、ってことで、頭にキたからもう記事そのものを全部削除しましたよ。けっこういいエントリだったのに(自画自賛)。悔しい。だって今回は冤罪だし!
はてなの有料会員だっつのにこの仕打ちだよ。タダでできるブログになんで金払ってるんだか、って話ですよ。こういうところをちゃんとして欲しいわけ。
それにしてもさ。そんな大昔の歌の一部を載せたからってどうなの?何が起こるというの?ダメだという意味が解りません。それで商売してるわけでもなく、自分が書いてる風な書き方もしてないですよ(ちゃんと歌詞の引用だと明記してる)。
むしろ無償で宣伝めいた事してやってるわけで、ありがたいとか思わない?(こう思って書いてるわけじゃないですよもちろん。ただ”どっちかといえば”っつー話ですよ)
著作権の取り締まり方おかしいって。
機械的すぎる。内容や意図の吟味もせずにダメだしして取り締まるとか、権力の横暴ですよ。
ぶっちゃけ他の歌の歌詞だってポロポロ引用してたりするけど、いつもこの「戦○は○らない」だけが引っかかるんですよね。(しつこいようだけど、今回なんか書いてないのに引っかかった)
なんか他の意図があるんじゃないかと疑っちゃうよ。政治的なニュアンスの。
クルセダーズは「イ○ジ○川」とかも放送禁止歌だったし。ヤバそうではある。


とにかく、著作権の定義はわかっているつもりですが、どうしても気分がモニョります。なんか理不尽な気がしちゃうんですよね。
たとえばすごくお勧めしたい曲があったとして、歌詞の一部を引用することなしに、その曲が素晴らしいということをどう伝えればいいの?
題名だけ伝えろと?アマゾンとかの画像じゃなかったらCDの画像もダメなんでしょ?
わからないわ。
べつに口コミなんかするなってことね?ファンなんかいらない、と。
馬鹿だね。
エンタメが巷間に広がらなくてどうするよ。口コミしてもらえるありがたさは多大な広告費をかける以上の効果があるのに。
ジャスラックってエンタメや芸術活動に何も利がない組織だと思う。文化の勢いを削ぐよね。
まぁ、もうどうでもいいけど。
歌詞の引用など無意識でしてるブロガーさんは、こんなこともあるということを知っておいたほうがいいかも。