読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 無名の詩人

ずっと前に2ちゃんで拾ったどこかの誰かが書いたひとつの詩。
さっきフォルダの整理してたら出てきたので書き留めておきます。
青臭くてたいして上手くもない詩なんだけど、なんだかふわっと温かい。
自分が19歳だった頃を思い出す。こんなトーンの詩をたくさん書いてたから。
てかこれ、「朝のリレー」(@谷川俊太郎)のパロディだわね。
どうりで既視感がw


・・・・・  ・・・・・  ・・・・・  ・・・・・



東京の中年男がほほえみながらラーメン板で情報を集めているとき 
大阪の少年は恋愛板で青春の悩みを打ち明けている
映画のエロシーンで実況板がとんだとき 
釣り板ではマッタリとしたレスが交わされている
金曜日のFLASH板でサラリーマンが疲れを癒しているとき 
無能な母親が育児板を見て議論をしている
株上級者が株板で知識をひけらかしているとき 
未来技術板で人類の未来が語られている
毒男たちが女性に虐げられた経験を語るとき 
筋肉オタクがウエイト板を見ながら鉄アレイを上げ下げする
VIPで 糞スレが乱立するとき 
ジャズ板で1つの名スレが誕生する


この日本では いつもどこかで2ちゃんねるがはじまっている
ぼくらは感情を共有するのだ
PCからPCへと
そうしていわば交替でお気に入りのスレを守る


眠る前のひととき 耳をすますと どこか遠くでHDDの起動音が鳴っている
それはあなたの書いたレスを 誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ


・・・・・  ・・・・・  ・・・・・  ・・・・・  




2ちゃんはネットの中のあだ花だ。
なかなかステキなあだ花だと思う。
名前を名乗ってネットで言えることなんてたかが知れてる。
名無しさんだから言えるさまざまなことの中に、人間の本質が現れる。
2ちゃんには本当の醜さもゴロゴロ転がっているけれど、本当の珠玉も見つけることができる。
キレイではないけど捨てたもんじゃない。
私はここしばらく株板くらいしか覗いてないんですけど、そこにも時々「おお〜」って感嘆するような名言があります。
コピペしないで流れちゃった数々の名言が、ちょっと惜しい。