読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週の編み物

Knitting


糸さんの在庫整理をするたびに(なんと衣装ケース8箱もある(爆))、溜め込まないで何か編まなくては!と気ばかり焦ってしまいます。
人生があと50年あれば思いっきり編み物だけをしていられるのになぁーなどとアホなことを妄想したところでそうはいかないわけで…
何か編みたいものを思いついたらすぐに取り掛かってどんどん形にしてゆくしかない、と思うことにしました。
というわけで、長年納戸に眠っていた太糸でカーディガンを編み始めてます。



猛暑日に、その名も「冬」がつく極太糸を編むというね(汗)。
かなり暑苦しい行為ですが、始めてみればこれもまた楽しい。
こたつでアイスを食べる、とかに似た省エネ逆行モードではあるけども。


昨日までは麻や綿素材でカギ針編みをしていました。夏らしく。
こちらは先日ご紹介しましたフランダース地方のコルトレイク・リネン「JULIA」で編んだドイリー4種です。
(サイズ確認のためにカップを置いてみました。色が合わないのはご愛嬌ってことでひとつ)



素朴な風合いが実にいいです。うっとり。
ゴッツリした麻の素材と立体的な編地はナチュラル度が高い印象。
グリーンによく映えるので、鉢植えの観葉植物などを置くのにぴったりです。
編んでいてとても楽しい糸さんでした。値段の元はとった、って感じですw



こちらはコットンのドイリー2種(糸始末もアイロンもやってない編みっぱなしです)。
こういうのはいくつあっても重宝します。日常使いするにも、ちょっとしたお礼などに付けるプレゼントにも。
編んでるときはやや「時間の無駄感」も強いのですが(爆)楽しいからイイや、と割り切るようにしてますw


「毛糸だま」の最新号が出てますので、軽くレビューをば。


毛糸だま 2012年 秋号 No.155 (Let's knit series)

毛糸だま 2012年 秋号 No.155 (Let's knit series)


今号のメイン特集はロピーセーターと、太糸ニット。
一番気になったのは野呂(NORO)の糸特集です。



NOROのゴツくてカラフルな糸さんで、これまたがっしりしたケーブルの編みこみを入れたジャケット。
ステキでショ。すごく個性的でインパクトある。
編んでみたいーー。



それと、パピーの糸さんもステキでした。
どちらもきれいな段染め糸。
さすがパピー!という面目躍如たる鮮やかなこの色味。惚れ込んじゃいます。
でもとりあえず年内の目標は「新しい毛糸は買わない。あるもので編む。」なので、新製品の購入は見送りです。