沖縄旅行(3)


二日目続きです。
水族館を出てから、近くにある「備瀬のフクギ並木」(防風林として植えられたフクギの木が集落を囲っている場所)を通って、そば街道に出ました。
目指す先は、行列ができる店として評判の「きしもと食堂」です。
本店ではやはりすでに行列ができていて、駐車場もなかったので、少し離れた2号店の方に行きました。



きしもと食堂 八重岳店」。
駐車場も店内も広くて入りやすいです。



ここの沖縄そばはびっくりするほどあっさりしていて、とても食べやすかったです。
灰汁を使った独特の製法で手打ちをしている麺のようです。
燻したような香りがあって、なんだか懐かしいような気分になりました。
お肉も柔らかでとろとろ。
美味しかったですよ〜。


食事のあとは食後のティータイムでしょ、ってことで、今度はヤンバル方面に車を走らせ、山の中にある「やちむん喫茶シーサー園」に向かいました。


ちょうどタイミングが良くお客さんがはける時間に入ることができ、しばし我が家の貸しきり状態で寛ぐことができたのが嬉しかったです。
しばらくしたらまたどんどんお客さんが来て、あっというまにいっぱいになってしまいましたけどね。



店内には焼き物や民芸品が売られています。
のんびりとした木のぬくもりが落ち着く空間です。
ぎしぎしと音のする階段を上り2階に行くと、風通しのよい座敷席です。
ここに来たら絶対にこの2階席でお茶することをおススメします。のんびりしますよ〜。



二階席からは屋根越しに緑の木々を眺めることができます。
雨の日もステキな場所だと聞いていましたが、なるほどそうだろうなぁ〜という感じ。
たくさんのシーサーがお出迎えしてくれます。



雰囲気を楽しむために選んだカフェでしたが、出てくるメニューも絶品でした!
これは予想外で嬉しかった。
タンカンやシークァーサーのミックスジュース、さくらんぼのジュース、アセロラのケーキ、黒糖風味のチンピン。
とにかくジュースは今でも忘れられないくらい美味しかった!
チンピンも上品な甘さでいくらでも食べられそうでした。ほとんどボクちゃんが独り占めしちゃってましたが(^^;;)。
アセロラのケーキは・・・微妙かな。形状も味もなぜか明太子ケーキみたいな感じでした。



お庭は自由に散策できるようになっています。
アズマヤや泉があり、たくさんの種類の木や花を見ることができます。
ところどころにシーサーが隠れていて、探して廻るのも面白いです。
本当にのんびりできる場所で、ここに来たのは大正解でした。おススメよ。


続きます。