読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めまぐるしくもおもしろく


政界の動きがホントにめまぐるしく、毎晩遅くまでネットニュース見ちゃうし、朝は新聞が届くのが楽しみです。
日本がどうなるか?とか、そういう部分をすっ飛ばして、この選挙に絡む人間模様が実に面白くて、自分的には開票日まで祭りになりそう。
こんなスッタモンダの選挙戦って今まであったかなぁ。
ずっと前(平成5年か)、細川首相が誕生した時の選挙も面白かった。盛り上がりぶりを今でも覚えているもんね。
ネットなんかない時代、一日中TVで選挙の話題をしてた。
朝まで生テレビ」なんてまさに徹夜で各政党の人間が集められては喧々諤々。
ごちゃごちゃしてて誰が何を言ってるのかわからん状態でしたが、次第にキャラを覚えてネタにして楽しんでました。
この時の、自民失速&非自民連立、という中でも当時の私は弱小政党・泡沫候補に1票を投じたのを覚えてます。
今も弱小みん党の応援団やってますが(汗)。
べつにやけっぱちで数にならない政党に投票してるわけじゃないですよ。
政策が、自分の思い描く理想と合致してなきゃ支持する気にならないという当然の理由があるだけです。(そこに加えて、みん党には地元愛もちょっとある)


それにしても、あっちゅーまにスゴい政党が出来上がりましたね!
朝起きたら城ができてたレベルの勢い。
墨俣一夜城(@ヒデヨシ)か?みたいな。
新しい党の代表であるカダ知事は、ものすごい安定感と清潔感と知性を兼ね備えた雰囲気ですね。卒原発を語る姿はドイツのメルケル首相に激似。
デキる政治家、って感じです。
これはそうとう期待できるんではないですかね。最初から候補者人数も多いし。
同時に感心しちゃったのが、オザワさんの動きですよ。実に鮮やかな復活!まさに不死鳥のごとく。さすが百戦錬磨の政治屋さんは違いますねー。
オザワさんに比べたらウチの党の代表なんて育ちのよいお坊っちゃんで、生真面目すぎて選挙にはとことん向いてないとしみじみ思うわ。
みん党、昨日までゴタゴタしてたのに、フタ開けたらなんのことはない、いつものポジションにポツーンといる、っていうね。
置き去りとか蚊帳の外とか言われてますが、そんなこたーない。こんな感じが、通常営業ですw
こりゃ選挙もぱっとしないかもなぁ……という心配はありますが。
議席、減るかも(哀)。
ま、しゃぁないね。
数が取れない政党を運営していることに関しては大いに反省&改良すべきだと思うけれど、今回「政策の違いを無視して数のために他党と組む」なんていう選択肢を選ばなかったのは評価に値すると思ってますので、それだけでいいです。
こういう誠実な姿勢の意味をちゃんと評価してくれる人もいると思うので、そこんとこは自信もってほしいなぁ。
選挙のために政治家があるんじゃないんですからね。一番大事なのは政策です。そしてそれをブレずに守ること。
断固として政策を曲げない、っていうのを頑固とか意固地という人がいますが、それは違いますよ。
こと選挙公約に関しては、「君子豹変」はありえないんです!
民意の代弁者になるわけですから、選挙民との約束は何よりも大事。そりゃもう、議席の数より大事なんです!
支持者が少ない=同じ志を持つ人間が少ない、ってだけで、その志を捨てては何にもならない。
マイノリティは口をつぐめ、ということになる。
マイノリティだって存在しますよ。それを、「国政で意見が通らないから選挙で選んでもムダ」ってのは暴論です。


まぁ、みん党がボッチなのは今始まったことじゃないんで、気にもなりませんけどね正直。
むしろ「志を捨てて野合するんではないか?」という心配のタネがなくなった分、気楽に選挙戦ウォッチできそうです。
今後は、みらいちゃんがどこまで突っ走るか?
イシンの代表代行は出馬するのか?あたりに興味津々です。
で、おそらく国政に加わることになるであろうソノマンマコクバルに、今から萎え萎えです。
ないわー。