読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オケピ、大好き♪


ウクライナ国立歌劇場バレエ団の「くるみ割り人形」を観にいってきました。


キエフ・バレエ「くるみ割り人形」(全2幕)
管弦楽ウクライナ国立歌劇場管弦楽団
バレエ/ウクライナ国立歌劇場バレエ団

2009年11月18日(水)栃木県総合文化センター


とにかくオケに飢えてるところにもってきて、チャイコフスキーをオケピで聴ける!
・・・ということで、いそいそと出かけてきました。
バレエ(舞踏)のことは完全に門外漢で何もわかりませんゆえノーコメントで(^^;;)。
オケが目当てなので席もオーケストラピットが見渡せる位置(2階正面席)です。その位置ですと響きもすばらしくイイのです。豊かな音の束がまろやか〜に昇ってくる。
いや〜、やっぱりオケピはいいです!もう、うっとり。
暗くなった会場で船のように切り取られたオケピだけにほんのりと光が灯り、序曲が流れ出す・・・
あの時のふわ〜〜〜っと蕩けるような感覚は、どう表現したらいいでしょう。ホントに心の底からまるごと夢見心地にもっていかれちゃうんですよ。
イイわぁぁ。シアワセ〜(*^ ^*)。
演奏は素晴らしかったです。ロマンティックで、メリハリも利いてて文句なし。聴きなれた名曲揃いというのもあって、とても楽しかったです。


会場は少女率が高し。バレエをやってるお嬢さん方が多いんですね。
パパママに連れられてちょっとお澄ましして観に来ている姿は、劇中の主人公・マーシャにも似て、とても可愛らしい。
いい夢がみられたかしらん(^-^)。