Freaky Flower

100のお題SSマラソン挑戦中!

「THE MUSIC DAY」

11時間生放送の音楽番組「THE MUSIC DAY」で、NEWSの新曲「生きろ」を聴きました。
いろんな制約で勝手に決められないことがいっぱいある中、自分たちの思惑だけでは何も動けない彼らが、与えられた場所で厳しい目に晒されながら、やるべきことを精いっぱいやった姿を、しっかりと見届けた。

4人が揃って新しい曲を歌っているのが、ただ嬉しかった。
この1か月、私自身さんざん彼らを罵倒し、悪態をつき、もううんざりだ!と怒りまくって、でも可哀想で、悲しくて、ツラくて、なんでワタシがこんな嫌な思いをしないといけないんだ?とヒネくれて、感情が収拾つかないくらいグチャグチャだったけれど、彼らが歌っている姿を見たら、胸がいっぱいになった。
キラキラした瑕疵の無いアイドルではいられなくなってしまった彼らの、後悔とか、失望とか、怒りとか、悲しみとか、それでもこうして歌える歓びとか…いろんな「人間臭い」感情の渦のようなものがダイレクトに伝わってくる、いいパフォーマンスでした。偶然にもまた状況に非常にマッチした曲で(苦笑)運命かよ、っていうね。

頑張れ。大丈夫、ちゃんと見てるよ!
…と、気づいたらTVの向こうにいる彼らに心で声をかけていた。
負の感情は一切浮かばなかった。
私はやっぱり彼らのファンなんだね。

ネットで見た反応はすこぶる悪かった。
一般視聴者がなんでそこまで彼らを憎んでいるのかよくわからないけれど、とにかくトコトン嫌われていた。絶え間なく罵声を浴びせられていた。
世の中って、どんだけ清廉潔白な人が多いんだろうか。ご立派なことだね。
「おまえらなんかいらない」「解散しろ!」と言われながらもTVに出て歌わなければならない自担Gを見て、切り捨てたいほど腹が立っていたのに、むしろ、心無い世間から守ってやりたくなってるのは何故だろう?
悪いのは本人たちだし、傷つけられたのは世間じゃなくてこの私なのに。理不尽じゃん!
人間は、そう単純にできているわけじゃない、ということだね。愛憎って複雑なもので、一筋縄ではいかないんだよ。

コヤテゴシゲは実際、調子にのってやがったから、今回こうしてファンではなく世間様から叩かれて良かったと思ってる。
ファンが文句言うくらいじゃ、屁でもなかったからね。ファン、トコトン舐められてっからw
世間から叩かれるのはすごく怖いものだろうと思う。愛情の欠片もないバッシングだもんね。
コヤマの復帰が早かったのだって、コヤマが決めたわけじゃなくて事務所が予定崩したくなくてゴリ押しで決めたのに、叩かれるのはコヤマだからね。コヤマはメンタルかなり強いけど、今回はファンの怒り(ホーム)じゃなくて世間の怒り(アウェイ)もダブルで来ちゃったからさすがにこたえたでしょう。
これで行動改めてくれたら、この騒動も僥倖だったということになる。

とりあえず、コヤテゴシゲはしばらくは針の筵に座ってておくれよ。
ツラくても泣くの禁止な。だってやらかしたの自分たちなんだから。

テゴシが批判渦巻く中で、涙を見せることなくいけしゃーしゃーと満面の笑顔で通常営業してたのは、ある意味アッパレだった。
カメラを見据えてガッツリ歌う姿に、「絶対に負けるもんか」という、テゴシの意地を見た気がする。歌、すっごく上手かったよ!さすがだよ、テゴちゃん
先輩ディスった気持ちはきっと揺るがないんだろうなぁwって感じね。いいじゃんそれで。価値観の違いだ。酔って愚痴言ったってだけのこと。言ったことがバレたテゴシが負けなのは明白。確かにガキっぽくてバカだけど、それがテゴシだ。先輩だってわかってる。オトナだから笑ってるよ。
咎め案件に関しても、悪びれてもしょうがないことを、テゴシはよく知ってる。断罪される時はされる。でもそれは他者から下されるもので、その時まで自分は自分の仕事を精一杯いつもどおりにやるだけ、という潔さを感じた。
処分の甘さとかはまた別の話ですけどね。確かにテゴシの処分は解せないけど、それも芸能界。他Gにもそんな例はいくらでもある(世間の人が知らないだけで)。
清濁併せ呑む、ってのがこの業界の在り方だったりするんだろうね。そこはもうこちらが知る由もないけれど。

今週のTV誌でのインタビューで、「宝物は何?」と質問された増田さんが言った答えは「NEWS」だった。
これを読んだ時、胸が苦しくなった。
もともとこういう暑苦しいこと言うタイプではないからこそ、これはとてもとても重い一言だ。
愚痴のようでもあり、エールのようでもあり、本音でもあるだろうし、アイドルとしての模範的答えなのかもしれないけれど…この一言で、”この話はもうここまでね”という壁を、優しく、でもガシッと強く置かれたような気がした。
”俺がこう思ってんだから、もうなにも言わないでよ”っていうね。私、これ見た時顔から火が出そうになった。「ソロになったらいい」「こんなグループやめちゃえばいい」なんて言ってた自分のわかってなさが恥ずかしくて。

宝物はNEWS。この一言で、誰も傷つけることなく全ての邪推の入る余地を遮断しちゃうんだからスゴイ。ホントにこのヒトの言動は徹底してアイドルだ。
増田さんは、いつもずっとそうしてきたように、主体的に行動してゆく中で自分の気持ちを示してゆくんだろうと思う。
このやり方は他者からはわかりにくいし時間がかかるけれど、ファンはただ信じて見守るしかないですね。
あれこれよそから言われるのは大嫌いだろうし、自分の気持ちや立場を邪推されたり哀れまれたりするのもきっと大嫌いだろうから。

私ももう愚痴を言うのはやめよう、と思う。いい加減嘆くのも疲れたし。
彼らのいいところをたくさん知っている私たちファンが、こんな壊滅的な状態でもポジティブでいることが、きっと大事なのかも。
とにかくNEWSは動き出したのだから、NEWSもファンも笑顔で前に進もう!

NEWSとは関係ないけれど、番組放送当日は西日本で豪雨の災害が広がっている真っ最中でした。この番組は11時間も「生放送」をやっていたのだから、せめてL字テロップを入れるとか、臨時速報で状況を伝えるとか、そういう配慮ができなかったのだろうかという気がします。
こういったお祭りのような特番の場合、災害の情報と共に放送するのはどちらに対しても「そぐわない」と感じるむきもあると思うけれど、触れずにスルーしているというのはおかしい。
今も被災者の数がどんどん増えていってます。どうかこれ以上被害が広がりませんようにと祈るばかり。
番組中には緊急地震速報も流れました。久々に聞くあの嫌な音。
災害はいつどこでおこるかわからないものです。明日は我が身、というのを忘れないようにしないと。
こんな時にNEWSがージャニーズがーなんて話ししてるのって実はすごく恵まれたことです。芸能ネタであーだこーだって…ホントにクダラなくて平和だ、という自覚を忘れないでいよう。


◆今日のグルテンフリー(99日目)


【朝】オレンジ、黄桃、白桃
【昼】鮪巻き寿司
【夜】チキンカレー
【間食】GFハッピーターン、チョコレート、スーパーカップアイスクリーム