読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何日君再来

Ayue

4月30日に台北ドームで兄弟本色G.U.T.Sのワールドツアーのラストステージがあるようなんだけど…

www.youtube.com

これが終わったら、阿嶽はG.U.T.Sから引退してくれるのかしらん。
引退して欲しんだけどなぁ…ムリか(涙)。

G.U.T.Sの音楽は…いや、音楽だけじゃない、イメージとかビジュアルとか全部ひっくるめてだけど、私には何一つ受け入れられるものがなくて、簡単に言うと大嫌いなんですよ。どうしてもムリだ。
大好きな人がやってることなのに、大嫌い。
大嫌いだと思ってしまう自分にも萎えてしまうし、こんなことやってる阿嶽にも絶望してしまうし、もうどうしていいかわからないまま、見ないふりしてやり過ごし続けております。
シンドイなぁ。
最初はただ事務所の後輩バンドのお手伝いを頼まれただけ、だと思ってた。
事務所に泣きつかれて、仕方ないから力になってあげているだけなんだから、どうせすぐ終わるんだろう、と。責任感のある優しいアニキは、そりゃ親身になってつきあってあげるだろうよ、と。
でも、あれよあれよという間に大ヒットユニットになってしまい…気づいたらやめるにやめられないアイドルになってた。いまやキャラグッズまで売ってる(そして飛ぶように売れている)始末ですよ。
どうすんの(哀)。ドル箱だよ。事務所、そう簡単にあきらめないよねぇ…

阿嶽が参加する(つまりそれは楽曲を創るってことでもある)ユニットはいつもお化けユニットになる。憎たらしいくらい才能がある。
そんなの知ってるさ。イヤってくらい知ってる。阿嶽の才能は台湾の宝だと、私はずーっと前から言ってたろ。ご覧の通りですよ(自慢)。でも、おかげでこんな不本意な方向に行っちゃうとは…

私はここ数年、阿嶽がこのユニットから離れてくれることだけを待ってました。
相手も自分も肯定できないという、とても不幸なファンでありました。
不良集団のアニキみたいなポジションに脱力し、下品なMVに辟易し、血しぶきボコボコ映画にうんざりし、大好きだった曲をG.U.T.Sのために提供したのにショックを受け…(宝物のように聴いてた曲がいつのまにかラップになってんだもんツライわー)、そりゃもうひたすら罰ゲームを繰り返し受けているような気分ですよ。
なんで長いことファンやってる私がこんな理不尽な思いをしなくちゃなんないんだよ?
頑張ってる阿嶽を責めたくはないけど、半ば恨み節、ブチギレ状態です。
もはやG.U.T.Sの活動なんて何も見たくない、聴きたくない。
阿嶽の活動を楽しみに見守ることができなくなってから2年以上経ちました。

今までもそうだけど、これからも私はきっといろんな人のファンになる。
すぐに夢中になってすぐに冷めて、転がって転がって、「好き」という気持ちを主食にして生きていく。実に楽しい。やめらんない。
でも、私の生涯唯一最高のアイドルは阿嶽しかいないのです。
阿嶽しかいないんですよ!
(大事なので二度書きました。)
私はどこにいても、誰に夢中になっても、いつだって阿嶽とつながっている。
つながってる「つもり」だったのです。
でももしかして、そんなこと全然なかったのかもしれない。私はもの凄く壮大な勘違いをしていたのかもしれない。
フトそんな不安がよぎるようになりました。
こりゃもう阿嶽がG.U.T.Sやめない限りぬぐえない感覚だと思うわ。
ホントにもう早く戻ってきて。
元のアナタに戻ってきて。
何日君再来。あ、ここで表題につながりましたよ。いつの日君帰る。名曲です。閑話休題
泣きそうな気持ちでそんなことを祈る私のトンチンカンな姿を俯瞰して見ると実に滑稽ですよ。バカだねぇ。
遠くに行ってしまって、生き方も仲間も変わってしまった恋人をいつまでも過去のイメージを抱えたまま待ち続けても、もう戻って来やしないのかもしれない。それって木綿のハンカチーフの世界だ。彼は別の世界で成功してるんだから。祝福して、忘れればいいだけの話だ。
私も楽になりたい。もう諦めちゃいそう。イヤになるわ。

とりあえずG.U.T.Sの曲貼っておきます。
私の大好きな人がやってる大嫌いなことが、ここにはよく出てるので。一事が万事、こんな感じですよ。
でもさ、私の好きな阿嶽はこんなじゃないですからね。もちろん素顔だってナチュラルで平和主義な陽光青年ですよ。こんなブラックな世界観の中では生きてない。演出だってことはわかってる。わかっちゃいるけど私から見たら完全に黒歴史なのよ。
もーーーヤダヤダヤダヤダヽ(`Д´)ノ
でもこれ、なぜか台湾で大人気なんだよ。謎。

www.youtube.com