あなたの出囃子どんな曲?


出囃子ってのは芸人さんがステージに上がる時にかかる曲のことです。
テーマ曲みたいなもんかね。
その曲が流れると芸人さんたちが「さあ、やるぞ!」的な気持ちになる曲。
ちなみにピースの出囃子は真心ブラザースの「サティスファクション」です。
ノリが良くてすっごいカッコいい曲。
マッタンが選んだとのことですが、実に彼らしいシャレオツな選曲。
オードリーは個人であるんだってよ(お嬢から聞いた)。
春日は電気グルーブの「シャングリラ」、バヤシ氏はアナログフィッシュの「SHOWがはじまるよ」(以前からバンドの大ファンだった縁で、出囃子用に書き下ろしてもらった曲)だそうです。


こないだ、「自分の出囃子にするとしたら、なんの曲使う?」って話をしてたとき、長年自分のテーマ曲としてるブッカーT&MG’sの「Green Onion」に決まってるし!って反射的に言ったんですけど、ふと考えたら、今の私にはちょっと違うんじゃないかという気がしました。
「Green Onion」はもちろん鉄板なので外せないのです。
私はこの曲と共に生きてきたし、これからもそうなのです。
でも、このところイマイチしょぼくれた私には、ややハードル高い感ありなのもたしか。
もしこれがA面だとしたら、B面ってものがあってもよく、ちょっとA面じゃカッコよすぎて気後れするなぁーって時に、B面でってのもアリかな、とその時フト思ったのです。
ということで、私のサブ出囃子(出囃子カップリング。B面出囃子)はと言いますと……
今の気分ではこの曲↓↓↓↓なのであります!



エレカシの「ハロー人生!!」です。
いい!!!!
実に元気が出ます。
ダメな時聴くと効果てきめん。
細かいことを言いますが、この曲はオリジナルアルバム音源限定です!
それが完璧版。ライブ音源じゃダメなの。
アルバム音源での絶妙なミヤジの合いの手が入ってないとイヤなんですよ。
出だしの「チャッ」っていうところとかね、悶絶するくらいカッコいいんだからしてあれがないと元気が出ない!!
この曲はミヤジが「あの曲はウソだった」って自己批判してた曲です。
(這いつくばって〜って歌詞があるけど)「俺、這いつくばってなかったし…」って。
でも、私だって這いつくばってなんかないんですよ。いつだってぬるま湯ですよ。
作ってる側も聴いてる側も全然歌詞の世界とは違うところで生きてることは重々承知。
でもこの曲はグッと心にキます。震えるほどリアルなのです。
それは、個人的な「ダメ感」にガシッとフィックスするからなのね。
自己比での苦悩が世間様のそれとは比べ物にならないくらい屁みたいに陳腐ものだからといって、ただそれだけで申し訳ないと思う行方のわからぬ不甲斐ない思いに対する、エレカシは一つの答えなのです。


出囃子ってのは単に「好きな曲」というんじゃないのがポイントです。
自分自身に近いもので、その曲に自己投影ができてこそ、なのね。
だから阿嶽の曲とかは好きでも出囃子にはならないのです。
あれは「阿嶽を聴き」「阿嶽を感じる」ための曲なので。
そこに私はいませんからね。
「萌え」と「共感」の違いというかな。


人生の中でも「よし!ここで一丁頑張らなくちゃ!」って、あたかもステージに立つような気分になる時がちょこちょことあるわけで。
そんな時の鉄板ソングは、気持ちをガシッと支えてくれる心の友です。
みなさんの出囃子は、どんな曲かな?


ついでなので、私の永遠のA面出囃子曲「Green Onion」も貼っておこう。
私にとってこの曲はアメリカのルート66ネバダ州あたりを延々と運転するイメージなんですよ。
淡々と、延々と、平べったい道。
その眠くなるような移動こそが人生、とでもいうような長い長い道。
これこそ私の魂レベルで大好きな心象風景です。
この曲を聴くときはいつも自分の原点に返るような気がする。単純に、嬉しい。
それにしてもメチャクチャかっこいいなー。
「ハロー人生!!」を聴きながら、「Green Onion」が似合うヒトになるように頑張りたいです。