読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私にとっての「RAINBOW」

Miyaji


新譜「RAINBOW」の感想…というか、私なりの、アルバム全体から感じた印象みたいなものをちょっと書いておこうと思います。
私の場合、ニワカだから聴き方が一般的でないかもしれないのでエクスキューズのためにね(^^;。


夏の初めにエレカシにハマって、ちょうど半年くらい経ちました。
ファンになって初めての新譜がこの「RAINBOW」ということになります。
エレカシの現在と私の現在が、カチッと噛み合った瞬間といいますか、ここでやっと「今」のエレカシに出会った感。
だって私、こないだまで「つーっっぱしるぜ明日も〜たぶんあさってもぉぉ」とか「むーさしののぉぉ〜」とか「はじまりはいまー」とか「ボクのへやにくるなら地下鉄のホームを出て」とか聴いてて、それが私にとってのエレカシだったんだから!!!!
ビックリでしょ。今それヘビロテで聴いてるヤツ日本全国にどんくらいいるよ。
で、私はミヤジの言ってることや思ってることがあまりにも自分に似ていることにいちいち感動しながらここまで来た。
こんなに自分に似ている人がいるなんて!って驚きながらムチュウになった。
ナルシストな私は、ミヤジのことも大好きになって、ミヤジのダメなところやバカなところさえ可愛く感じるまでになった。もちろんスゴイところやカッコいいところは文句なしに尊敬した。


心の友であるミヤジの新しい言葉を聴きたい。
新譜への期待は、そこにあった。
老年にさしかかった、けどまだまだ自分はイケるとどこかで思ってる悩み多き49歳。
同じ年で、私とそっくりな彼は、どんな世界観を出してくるのか?
新譜をワクワクして待った。
でも、新譜を聴いて一番先に私が思ったのは、自分とミヤジのビミョーな距離感でした。
「え?なんか辛気臭いな。」というのが第一印象。
いや、もちろんカッコいいし、楽曲もハジケてて勢いがあるし、「音」的には、着実に、格段に、成長してる(というと上からな言い方だけど、すごくカッコいいということです)。
でも、歌詞がね、ちょっと「おいおい、大丈夫か?」って感じだったのね。
やけにセンチメンタル臭がする。全体的に。
どうしたんだろうこの人は?って心配になるくらい、不安定な足場に立ってるように感じたのです。
全体に流れる基調は一見勢いありげな「ゆくぜ!」「飛び込め!」「歩きだせ」ってな鼓舞系ワードがやたらと多いのに、なぜかポジティブな感じがせず、必死な感じだけが伝わってくる。聴いててだんだん不安になる。
そこいらじゅう「昔のようにはいかない自分」で溢れかえっている。
挙句の果てに「なからん」だ。これならダメ押しに「めんどくせい」入れてくれた方が良かった。(「なからん」はミモフタモナイ気がするけど、「めんどくせい」はどこかスッコーンと抜けてて明るいイメージなので)
とにかく、ここには歳をとることに対する不安が満ちている。
時の流れに負けまいと必死に抗い、上手く年をとれるかどうか自信がなさそうなミヤジの震えが切実に伝わるのです。


私は今よりも若い頃のミヤジが作った作品にこの歳でハマっただけあって、だいたい10年くらい前のミヤジの世界観に共感してたんでしょうね。実はミヤジよりも少々成長が遅れているというか、若い(未熟な)感覚をもってるらしいです。
ていうか、ミヤジ自身が病気をしたり活動休止したりで、いろんなことに不安になっちゃったんだろうな、ってのが感じられて、胸に響きます。
ああ、この数年、ミヤジはホントに大変だったんだな、って。
それはもう、ノー天気な私とは違って当然なのです。
歳を重ねたミュージシャンで一線で活躍している人はたくさんいるけれど、こんなに不安げな格闘を歌う人って他にいるだろうか?
もっと年上の、例えばサザンやユーミン中島みゆきさだまさしや…は、みんな堂々と年をとっている気がする。立派な感じ。実際の年齢よりもずっと年上に思える。
オトナなんですよね。
ミヤジが子どもっぽいってわけじゃないけど…オトナっぽくはないね。いつまでも青い文学青年みたいな感じだ。もともと赤裸々なヒトなので、胸ににしまっときゃいいようなカッコ悪いことも(詞に)書いちゃう。
でも、歳を重ねる自分に戸惑い、足掻いて、立派に年をとれる自信がなさそうなミヤジの言葉が…誰よりも恥ずかしげもなく真っ直ぐで正直で真摯なミヤジの言葉が、やっぱり私はものすごく好きだし、愛しいです。
「RAINBOW」は、寄る年波と闘うミヤジの等身大の現在が真っ直ぐ表現されたアルバムです。
共感する部分は今までのアルバム中、一番少ないけれど、却って客観的にミヤジの世界観を覗ける感じがします。過剰に自分に引き寄せない、そんな聴き方も愉しいです。
思いがけず「あなたへ」が(アルバムの中に入ると)すごく良くて、そればかり聴いてます。
さっき”「なからん」はミモフタモナイ”と書いたけど、これもかなり好きな曲です。めちゃくちゃグッときちゃいます。涙ぐんじゃうよ。
一番好きなのはやっぱりタイトルチューンの「RAINBOW」!
これはエレカシの今をしっかり表現した珠玉の名作だと思いますよ!
チューブでショートバージョンプロモが載ったので貼っておきます。
聴いてね!