読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mステ!


10時間スペシャルのMステに13年ぶりにエレカシ登場!でした。
え?Mステ出演13年ぶりなの?!
それは意外…全然知らんかった。
スピッツとかみたく要所要所で出ているものだとばかり思ってたわ。(それでも何年かに一度だけど)
最初、ひな壇に座っているミヤジが映った時に、お嬢が「顔色悪っっ」って言うんで、心配になっちゃいましたよ。
確かに青白い。顔面蒼白のレベル。ダイジョブか、おっさん(汗)。明らかに緊張してるぞー。
やだもーー見ているこっちも緊張しちゃうっつの。
なんでミヤジがTV出るとこんなに緊張するんだろう?
これも私がファンになりたてで、慣れていないゆえの独特の反応かと思いきや、長いファンのヒトのブログなんか読んでても同じこと言ってる人がいて、「ああ、このヒトはファンの皆さんに同じようにハラハラさせているのだな」と理解しました(^^;。
てかいちいち本人の緊張がヤバイw芸歴何年だ?って世界。
図々しくないんだよね、ミヤジは。そのくせ自分へのハードルが高い。
そこが(・∀・)イイ!!


トークではどんなことを振られるのだろう…と心配していたのですが、なにか振られる前に、ちょっとしたタイミングでわちゃわちゃと前のめりに喋りだし、いきなり収拾がつかなくなってました(汗)。
録画したのをもう一度見てみないと、いったい何を話していたのか全く思い出せない……
「よく考えてから話す」って、自分に課したルールはどしたん?
13年ぶりに出てきて、初見の視聴者にも「ヘンなヒト」のイメージで見られちゃう、っていうね(我が家では私以外全員「ヘンなヒト!」って言ってたもん…)。
実にミヤジらしい、予想を裏切らないあり方w


この番組の趣旨が「ヒット曲」ってことなので、皆さん持ち歌の中で一番有名な(?)ヒットした曲を歌うようになっていて、エレカシは「今宵の月のように」でした。
新曲の発売日に久しぶりにナマの歌番組に出たのに、ひとっつも宣伝できずに、かつてのヒット曲を歌う、と。なんの罰ゲームか、みたいなw
まぁ、ね。そういう趣旨なんだからしょうがないか。でも、よかったっすよ。「今宵〜」があって、今があるんだ、とこちらも再確認いたしましたし。
「今宵〜」はやっぱり名曲で。
ミヤジの大好きな「明日」と「愛」と「輝く月」があって、ダメ感と挫折の中でも「いつか」を夢見るチカラに溢れてて。
コンセプト的には、私が最も好きなタイプのエレカシソングなのですよね、これ。
ここには私がいる。
「これ、アタシじゃん!」みたいなのの代表曲ね。
あらためて、「う〜〜ん、好きだ!」と思いました。


奇遇ですが、今日、昼間カラオケ行ったときに「今宵〜」歌ってきたんですよ。
カラオケでエレカシ歌うの初めてだったんだけど、いろいろと歌ってみて(キーの模索もしてみて)、自分が得意な曲もなんとなくわかりました。
「今宵〜」はやっぱり出だしでしくった。あれ、いきなりだからね。
大好きな「さよならパーティー」が歌えて大満足だった!「心ってヤツぁ誤魔化せねぇな」ってとこを大声で歌ってみたかったんだよね〜。気持ちいイイ!
「新しい季節へ君と」が一番上手くきれいに気分良く歌えたかなぁ。特に好きな歌ってわけでもないんだけど…持ち歌にしようか。思い入れが強すぎないのもいいかもしれない(←なぜかいまだに「持ち歌(カラオケで必ず歌う曲)」が張學友の「祝福」だっていうね(汗)いつの時代で止まっているのか、という…)
「今宵〜」、貼っておきます。