読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新曲をiTunesで買う

music Miyaji


(これは配信用のジャケットらしい。CDはまた違うのかな)


2日前、エレカシの新曲「愛すべき今日」が出たので早速ダウンロードしました。(CD発売は9月23日だそうです。遅っ。今ってデジタルコンテンツとCD販売までにこんなにタイムラグがあるんですね!…CDショップは大変だなぁ)
私がエレカシファン(ファン?っていうか、集中して曲聴いてるだけかもしれないけど)になったのは先月なので(^^;、まぁそれ以来初めての「新曲」ってことですね。


まず最初の印象。
声が別人!?!?
ミヤジの声じゃないみたいでビックリしました(*_*)。
特に出だしのところ。すっっごい透明!!!!すーーっと伸びて、えらく気持ちイイ。
煙草やめたのってこんな効果があるんだねぇ。
明らかに若返ってる。
…っても、若い時の声でもないんだけども(デビュー時からすでにヘビースモーカーだもんね(^^;)
メロディは、かなり既視感のある感じ。でも確実にミヤジ節です。
歌詞は、漠然と大きい。愛の歌をうたおう、的な。ラブソング、ですね。
個人的にはもうちょっと細っかい視点からマニアックなことを歌ってるミヤジの方が私は好きかな、とか思ったりもしますが、まぁ、そのへんは単に私のシュミの問題。せっかくの新曲ですので個人的な好みであれこれ言うのはやめときます。聴いているうちに変わるとも思うし。
そう、「彼女は買い物の帰り道」なんて、最初聴いたときは「ヘンな曲。たぶんもう聴かないな、この曲は」って思ったんだもんね。それが今では激リピの激ハマリ曲で、心から「名作!」って思ってんですから、ファーストインプレッションってのは案外わからないもんです。
今じゃこの曲(カノカイ)が好きすぎて、MVのロケ地になってる(麻生さんが立ってる)踏切に行ってみたい!そんでもってあの世界に浸ってくるのだ!とまで盛り上がっていたんですが、調べたらあの風景はもはや存在しないと判明。
ロケ現場は下北沢の駅近くの踏切なんですが、シモキタって数年前に駅前のガード付近の大工事あって。それで完全に風景一変しちゃったらしい。
MVの撮影の頃(2009年)には工事中だったんだけど、あれからもう6年も経っちゃってるもんね。
それ知った時、「ああ、もうあの風景を実際見ることはできないんだ…」と愕然としたのと同時に、その「過ぎ去り、失われてゆく」感覚自体が、すごくあの歌にマッチして…というか、セツナサ倍増で、さらに胸キュンなのでした。
てことで今日も「カノカイ」聴いて寝る。(あ、新曲もちゃんと聴きます!)
大好きなのでまた貼っておくw