読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下北ヴィレヴァン

Mattan



「又吉の本棚」のある、下北沢のヴィレッジヴァンガードで書籍購入者にマッタンの直筆ブックカバー(数量限定)を付けてくれるという企画が開催中……と、発売中の「ダヴィンチ」に載ってましたので、お嬢に様子を見に行ってもらいました。
「なんでも好きな本買っていいから、ブックカバーもらてきて!」ってw
でね、もらってきたのがこれよ……



ただのコピー用紙にコピーしただけのブツ。
なんだよこれ。
しかもさ、店員が気がつかなくてスルーされそうになったんで、「又吉さんのブックカバーはありますか?」って聞いたら、「ああ」って言って一枚だけ持ってきて買った袋に無造作に折っていれられた、と。


はぁ(゚Д゚)?


ブックカバー、一応ノベルティだろ?許可なく折るなよ。でさ、2冊買ったんだから2枚ちょうだいよ。
なんかもうね、イヤな気分だわ。
なに天狗になってんだかさ。客に対するサービス精神ないよね。書店なんてジリ貧だろうにこんな営業努力ナッシングでいいわけ?マッタンがどれだけ売り上げに貢献してるんだかわかってんのだろうか。ちったー店も頑張れや!
いつも行ってる近所のポイント貯まる店じゃなく、わざわざ下北くんだりまで行って単行本2冊も買ったのは何のためよ。こっちだって金欠なんだよ(哀)。大出血だよ。そういった期待に応えようとしないでどうするの。せめて雑誌に紹介されてる期間だけでも、新しいお客さんを迎え入れようという態勢になろうよ。
てかさ、ノベルティならこんなぺら紙じゃなく、ブックカバーぐらいちゃんと作ったらどうかね。ちゃんとしたものでないなら雑誌で紹介とかしないでよ。妙に期待しちゃうじゃんか。
もし、ちゃんとしたブックカバーが当初は有ったのに人気があって捌けてしまい、急遽代用としてコピーを配っている…っていきさつがあるのだったら、その説明はきちんとすべきです。明らかにブックカバーを所望してる客には特に。
説明がない、ってことは最初から客を小馬鹿にした企画ってことで受け取られてもしかたないよ。
又吉のファンなんてどうせにわかだろうからぺら紙でイイよ、ってことっすね。ハイハイ。
まぁ、すべては踊らされてる私が悪いんですよ…ごめんなさいねっっ。


あ、踊らされてる、で思い出したけど。
私が(マッタンの帯が目当てで)安倍公房の「R26号の発明 鉛の卵」を買った同じ日に、なんと旦那も同じ本(帯はマッタンではないが)を買っていたことが判明しました!そして2人揃って読みかけてすぐ挫折して放置してたという(^^;
なんとまぁレアなまさかの安倍公房かぶり。
安倍公房、旦那も私も好きでも何でもないのにさ。どんな偶然よこれ。異常www