読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チケ取りはシンドイ


ドゥダメル指揮のミラノ座のオペラ、抽選に外れちゃったよ。


……チッ。


一般のチケット販売でも取れなかったので、結局高い席のチケットを取るしかないのね…となったら、「ま、いいか。行かなくても」って気持ちになって、あっさりとスルーできてしまった(汗)。
ドゥダメルは好きだけど、べつに本人を見たいとか、そういう気持ちは自分の中にはあんまり無い、ってのに気づきました。
彼の指揮する音楽のイキイキした表現力が好きなんだけど、そういうのも「とりあえずナマでないと」ってのでもなくて、DVDで充分楽しむことができるんですよね、私は。そのほうがむしろ表情なんかの細かいところも見られるしさ。
もちろんオケはナマに限るので、できれば実際足を運びたいのだけれど、できないんだったらいい。執着はほとんど無い。
値段とか距離の遠さとか、自分なりのハードルってのもある。有閑マダムじゃないんで高い席なんてムリだし。
そもそもオペラですからね、指揮者は全編ほとんど見えないじゃんか。


というわけで、ナマ・ドゥダメルは諦めました。
そんな私の元に、昨日、地元の催事施設から今年度の催し物予定一覧が届きました。
地元でのクラシックコンサートは行きやすいし、お値段も安いので狙い目です。ただ、あんまりいいラインナップはこないんだよなーなんて思いながら、何気なく案内を見ていたら、なんと!!
今にも茶を吹きそうな衝撃のスケジュールがあったのです!



ぶひゃーーーマジすか?!
ボロジャ親子のピアノデュオが我が地元にやってくるぞぞぞぞーー(驚愕)!!!
度肝抜かれました〜。
てか、先頃、この親子は日本でツアーを終えたばかりなんですよ。
で、その時にボロジャは

「親子でのピアノデュオの活動はこのツアーで最後になります」

って言ってたんですよ?確か。(あれ?錯覚か?)
私はお嬢の受験だのでいろいろと忙しくて演奏会を聴きに行くモードにはなれなかったのでスルーしたけど、「ああ、ボロジャのピアノの演奏をナマで聴くことはとうとう無かったなぁ」なんてしみじみと思ったもんです。
それがどうよ。
来年の3月にウチの地元でピアノ弾くってんだから驚くよ。

「ウチの地元で」だよ?!←驚くポイントはココ。サントリーなんかでやってもまったく驚かないけどさ。

来年のことを言うと鬼が笑うといいますがね、こんなはるか先の予定入れちゃって大丈夫なんですかね?…てな不安がちょこっと。
そもそも5年も前に「もうステージでのピアノ演奏はしない」って宣言した人ですからね。いつまたそういうこと言うかわからんし(爆)たぶんその時々の好不調とかで言いたいこと言うからねぇw
まぁ、めっちゃ楽しみにして待っていますが。
どうか実現しますように(祈)


てなわけで、捨てる神あれば拾う神ありな感じの演奏会もろもろでありました。
チケ取りと言えば、5月に圭が舞台をやるんですが(「バブー・オブ・ザ・ベイビー −UNDEAD OR UNALIVE−」)、こちらはすんなり先行で取れたのでなによりでした。
これはねーホントに行きたかった舞台なので!
伝説のシチュエーションコメディ番組「子育てプレイ」のキャスト&スタッフがそのまま参加する夢の舞台!!なんですよ〜。
舞台化の話は以前からなんとなーくあったんですが、4年越しでやっと実現したの。
この番組はボクちゃんが繰り返しDVDを見倒すほど好きで、舞台化の話が出て以来、めっちゃ楽しみにしてたんですよ。まさかの「チケット取れませんでした」なんてーことは許されない状況だったのダ(汗)。
チケ取りに失敗したらオクで高値つけられても買うつもりでいたのでね、先行一発目で取れてホッとしましたよ。
今年のチケ運はここで全部使っちゃった感じ?
チケ取りってホントにしんどくてイヤだわ。