「有一天」MVは気恥ずかしくも嬉しい


新譜に入ってる曲「有一天」のMVが出ました。
これがアナタ!
阿嶽本人をガッツリ映した今までにないタイプのMVでありまして…
(私から見るととにかく)豪華!
いや〜んもーードキドキ。
嬉しいよー。
これ↓

ちなみに、この曲は以前、阿嶽が”小美”こと江美[王其]に書いた曲。
小美が肉親を亡くしたときに、その悲しみに添う形で作ったというエピソードがあったりもして、センシティブで素敵な曲だと思っていました。
でも、それは小美が歌ってこそ、なんですよね。
かなり時間が経って今回唐突にそれをセルフカバーしてきたことにはちょっとモニョった。
そこから持ってくるんかい、って。そりゃ小美はイマイチ売れなかったからこの曲は有名じゃないけどさ。でも、小美のイメージだったものを阿嶽が歌ってもシラケちゃうし、わざわざ掘り返してくるような曲でもないじゃんか?という感じ。
てなわけで、この曲自体はさほど好きでもなかったんですが。
このMVは……
ちょっとクるね。キてしまったね。
初見時には思わずウルっと涙が。
なんだろう、なんかもう、感無量。
うわーもーー大好きだし!大好きな阿嶽だし!ってしみじみ思ってしまうその姿とその声。
もはや奇跡。
……チョロイなアタシって。
とにかくこんな風に、まるごと阿嶽を映してるMVなんて、すごく久しぶりですからね。「秘密」とかの時代以来だ(あの頃のMVは好き)。
どアップもある。そんなに近くで写さないでー(汗)ってのも。マヌケな顔もまたカワユし。
映像自体のセンスはイマイチ。
でもって最後は「未知との遭遇」だ(爆)!ここ笑うところか?
たいして気の利いた表情作りもできてないのであまりにも「素」っぽく、見てるこっちが気恥ずかしくなる(無性に照れる!)のですが、そんなところもファンにはたまりません。悶絶。
しっかりキャプしてプリントアウトしようと思います。
↓↓こんな表情がステキステキスキーー♪完璧じゃーーん!!