読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R/Hr


そんなことやってるヒマはまったくないはずなのに、なぜか夜な夜なチューブでロンハーMADを漁ってしまう今日この頃。
200本は余裕で見たかもしんない(爆)。
今のところ一番気に入ってるMADを載せておきます。
完全にファンビデオなのでどうでもいい人にはワケガワカラナイであろう、ホントにどうでもいものです(汗)。
とりあえず、私は今だにこういうものに夢中なんですよー(イイトシして)と。



映像の加工技術と精度、音楽とのバランスなど、わりといいセンいってます。
イマイチ可愛さに欠けるというか、「そこはそうじゃなくてさー」みたいな点が多々あったりもするんですけど、映像がいいだけでも見てて嬉しい。
ホント、その最低ラインをクリアできてないのが多すぎるんだもん。どれもこれも帯に短し襷に長しで粗製乱造の中から傑作を探すのはホント大変。傑作なんて存在してないかもしれない(でも、たまに神MADがあったりするから侮れない)
こういうの自分で作る能力と時間があれば、もっとイイの作っちゃうんだけどなぁーーと、いつも思う。
BGMにテーラー・スウィフトが使われてるのが多くて、聴き続けているうちに好きになっちゃったよテーラーを(^^;)
ちなみに以前こちらでご紹介したMADもまだありました。やはりレベル高いです。


自分はなぜロンハー萌えなのだろう?
あの二人のどこがこんなに琴線に触れるのだろう?
・・・てなことを考えていて、ふと思いついたのが「源氏物語」です。
源氏物語」にはあらゆる恋愛の形があって、「自分はどの女のタイプ?」「どの女が好き?」「どの男が好き?」「男だったら、どの女を選ぶ?」みたいなことを話すのが楽しく、語り甲斐があるネタですが、「どの組み合わせが好き?」ってなると、私は昔からずっと雲居の雁と夕霧が好き!と答えてきました(あくまでもカップリングの話ですよ)。
ロンハー萌えってのは、よく考えると構造的にこの雲居の雁と夕霧カプ萌えと似てるような気がします。
幼馴染の二人が少しずつ思いを寄せていくうちに、やがてそれは情熱的な恋になり、結婚し、家庭をつくって、子供を産んで・・・っていうね。
情熱的なのに、すごくまっとうでフツー。陽の下を手をつないで駆けてゆくような、ティーンエイジャーだけができる恋です。
ロンとハー子さんの間柄も、これと似てる雰囲気がある。
幼馴染幻想、っていうのかなぁ。初恋幻想、かもな。方向を変えた処女幻想ともいえる。
一途で無知で無垢な若い二人が一緒に成長していく物語なのです。
私はどこかでこれを永遠の理想として抱えているんですよ。もちろんそのままじゃ人間終わらない(源氏物語でも「めでたしめでたし」では終わらせていない)わけで・・・だからこその”理想”です。


案の定、検索してみたら同じこと(雲居の雁&夕霧=ロンハー)を考えているロンハー萌えさんがおりました。やっぱりねー。
てか、これ王道ですもんね。特殊なシュミでもなんでもない。
むしろ、あの”なんでもあり”の源氏物語の中で、なんでそんなフツーなトコを選ぶのか?っていうね。わりとつまんないチョイスですよね(^^;)
紫式部はいろんな恋の類型をあそこに描いているんですから、王道だってそりゃあります。
ただ、この王道は光源氏のキャラじゃなかった、とw で、わりと地味な二人でもって描かれてるんでしょうな。
そして紫式部の天才はこのフツーに若くて健全な恋物語に、ありがちなアクシデントを付け加えて深みを加えることを忘れない。
家庭が落ち着いて恋女房が子沢山の母親へとかわる頃、夕霧は他の人に恋をしちゃうんですよね。激しい恋の想いは、相手が拒もうが女房が怒って出ていこうが止まらない。
恋ってのは思いがけないところから降ってくるんだよ。いつでもどこでもどんなところにでも、そりゃまるで事故みたいに!
・・・ってのがすごくリアルに描かれてる。
実に味わい深いです。
トキメイたり自責の念に駆られたりうんざりしてぐちゃぐちゃになりながら、頭を抱えて二人の妻の間を行き来し続ける夕霧がどこか滑稽で憎めない。
「駄目じゃん」って思いながらもなんか共感できちゃうんですよ。恋って「どうしようもない」ものなんだよね・・・ってのがここにはある。
女の子を育成したり拾ってきたり寝取ったりとゲームみたいな恋をする親父さん(光源氏)にはちっとも共感しないのですけども、夕霧は父親には似てないのね。恋するときはいつも真剣だ。ゆえに、強引で格好悪い対処しかできないというのが彼らしい。母親(葵の上)の生真面目さを継いだのかな。


閑話休題
ロンハーは結婚してめでたしめでたし、ってところまでしか描かれていないけれど、後々ロンが別の誰かに恋をしてジタバタしちゃうってのもまた「有り」だなーと思ったりします。
いや、もちろんずっとハー子さんひとすじでいて欲しいんですよ。
でも、ハー子さんがいながら、そして彼女を心から愛しながらも、他の誰かに恋をしてしまうロン(ひいてはそのアクシデントに向かい合うハー子さん)は、きっとヘンに魅力的なような気がするんですよねー。それ、物語としてはすごく見てみたいわ(鬼w)
ま、こんなふうにロンハー萌えってのもなかなか奥が深いのです。飽きないはずだわ(^^;)