読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7月に読んだ本

Books


・・・を書こうと思ったのですが、新書、ハウツーもの、通俗小説ばかりで、こう言っちゃナンだけどろくな本を読んでいません。
しかもその大半が感想を書くのも億劫な・・・要するに気に入ることもなかった作品なので、わざわざここで挙げるのもイヤになってしまいました。
とりあえず、面白かった2冊だけ挙げておきます。


我が県が生んだ政界の星、みんなの党代表・渡辺ヨシミさんの本。
みん党の基本理念がこれを読めばわかります。ぐっ、とキちゃいますよ。
こんな世の中で、消費税増税を「仕方ない」とか言ってる腑抜けはどこのどいつですか。
自民でも民主でもできないことを、きっとやってくれるのがみん党なんじゃないですかね。
ヨシミさんにはこれからもずっとブレずにパワフルに理想を貫いて欲しいです。
・・・しかしながらネーミングだけはセンス悪いと思うわ(爆)

ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術

ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術


マイ「断捨離」ブームは続いています。
これは提唱者さんのブログをまとめたもので、より具体的な気持ちの持ち方などがわかります。
読んでるだけで、「ああ、これを実行したらすっごく気持ちイイかも!」とワクワクしてきます。
ちょっと停滞気味の人、意識変革をしたい人はとりあえず「断捨離」してみるというのもテだと思います。
気は環境から、です。


読書記録をまとめて書くというのはあまり意味がない、と数回やってみて気づきました(汗)。
いい本に出会い、心から興奮し、感動したからこそブログで話したいわけで。どうでもいい読書に言及したところで不毛です。
今度からステキな本に会ったときだけ、そしてそれを誰かに伝えたい!と思ったときだけ、感想を書くことにします。
最近は自分の創作用の資料本を読むことが多いです(これは「読書」とは違う)。資料調べているだけで面白くなっちゃってそこで終わっちゃったりする不甲斐なさは相変わらずなんですが、とりあえず自分の頭の中に物語がグルグルしてる状態なので、他人の作った物語にはあまり入り込みたくない心境でもあります。