日光へ


ご近所世界遺産、日光へ行ってきました。
まずは腹ごしらえから。
今市にあるうなぎの老舗「魚登久」でお昼ご飯。



奥は肝焼き。
涼しげな小鉢はいろんな和え物が揃って味わい豊かです。



お造りも付きます。



メインのうな重。うなぎはふわ〜っと柔らかくて絶品です。
肝吸いの中の鞠麩が可愛い。
このほかにお新香、デザートも付きました。
噂に違わずどれもとっても美味しかった!
その上、子どもたちにお菓子のお土産を持たせてくれるサービスの良さ。大満足でした。
お腹がいっぱいになったので、東照宮に向かいます。



街道沿いのお土産屋さん。
建物自体が文化財になっている「日光物産商会」です。



輪王寺、宝物館を観てから東照宮表参道へ。
今日はものすごく混んでます。
五重塔の写真を撮りたかったのだけど、人が切れずに断念しました。



神厩舎の三猿。有名な「見ざる、言わざる、聞かざる」です。
この猿の彫り物は全部で8面あって、人間の一生を表してるんですよ。
三猿はその第2面。子ども時代は純粋培養がいいよ、ってことを言ってる。
私は第1面の母子猿がとても好きです。
子どもの将来に思いをはせるお母さん猿と、それを信頼して顔を覗き込んでいる可愛い小猿がおります。



国宝の陽明門。たくさんの彫刻に圧倒されます。
いくら眺めていても飽きないので「日暮の門」などと言われていますが、ホントに楽しいです。
ここだけで500以上の彫刻がありますからね〜。



陽明門の回廊。こちらも国宝。
花鳥透かし彫りの「透塀」になっています。


今日はとにかく人が多くてどこも大行列。
団体客、修学旅行生、外国人がいつもの数倍!めっちゃめちゃ混んでました。
拝殿でのご祈祷には広間に人がこれでもかとぎゅう詰め状態(汗)
何度もここには来てるけれど、こんなことは初めてです。
あまりの混雑ぶりに、鳴き龍も眠り猫も諦めて出てきてしまいました。ジモティだからね、また来ればいいし。



参道脇の「日光茶屋」で、日光天然氷のカキ氷を食べて一休み。



氷がフワフワ!口当たりがやわらかく、頭が痛くならないのが天然氷の特徴なんだそうです。
ホント、美味しい。体にこもった熱も、すーっと気持ちよく引いていきます。



氷屋さんの隣にあった甘味屋さん。
売ってる大福の名前に反応して思わず撮っちゃった。「福徳」!(@ジャル2)