トウキョウデート


昨日は早めに出かけて観劇の前に東京散歩をしてみました。
阿嶽の曲をたくさんウォークマンに入れて、それを聴きながら。
まずは国会図書館にいく用があったので、東京で降りて皇居前広場を抜けて永田町まで歩きました。



東京駅から丸の内を歩く。三菱UFJ前の通り。
すごく良く晴れた気持ちがいい日。空がきれい。



ビルの間の中庭にはステキなカフェが。BRICK SQUAREってトコ。
入ってみたいけど時間がないし独りだし・・・。いつかまた来よう!と誓ってスルー。



皇居外苑
二重橋前はいつものように観光客や修学旅行生が順番を待ちながら写真を撮っていました。
楽しい旅でありますように(^0^)



桜田門
かつて井伊直弼が惨劇にあった場所も、今ではマラソンする人たちがたくさん集っていて賑やかです。
気持ちよさそう〜。私も走りたいー。


国会図書館に寄ってから、永田町駅半蔵門線に乗り、表参道で降りて今度は渋谷まで歩きました。
(今、毎日万歩計つけて歩いてんですよ。なので今日も意識的に最寄り駅の一つ手前で降りて歩く、ということをしました)



246号線、青山通り



渋谷署前あたり。
こんなところを歩くのも、阿嶽と一緒(←妄想)だと楽しい♪


ずっと阿嶽の声を聴きながら歩いていたので、なんだかデートしてるような気分でした。
阿嶽は東京の、どんなところが気に入るだろう?この風景を観て何を思うだろう?なんてことを考えながら歩きましたよ。
マラソンする人たちの姿を眺めていると「馬拉桑」がかかったり(本来の意味は「酔っ払い」なんだけど、発音が「マラソン」で、実に軽快なマラソンBGMでもある)、地下鉄の階段を昇るときに「防空洞」がかかったり、考え事にふけっていると「一切再重来」がかかったり・・・ジャストな曲がいい具合にやってくるので嬉しくなりました。
あら?なんだか阿嶽ってば、ちゃんと私と一緒に寄り添って歩いてくれてるじゃん?みたいな絶妙なタイミングなんだもんネ。
とっても楽しいお散歩でした。鼻歌出ちゃうくらい。単純っすね、アタシ。
そうやって妄想にウフウフしながらも、一方では暗がりに迷い込んで圭くんに浮気したりなんかもして・・・
ってうそうそw 圭くんは物語の中のヒト。阿嶽は現実にいるヒト。想いの種類も深さも違う。でも、どちらも私の心を躍らせてくれることにはかわりないし、元気をもらえる存在です。(阿嶽がくれるのは元気だけではないですけどね。逆に落ち込ませられたりもするし。それもまた私の思い込みの強さゆえ、なんですが。まぁ、ファンってのは難儀だわな)
そんなわけで、なんだかやけに萌え心が充実する日でありました(人´∀`).☆.。.:*・
しかも帰宅をしたら、イエスアジアから縦貫線の新譜「南下専線」が届きました!嬉しい〜〜(CDの感想はまた後日)
How wonderful day!