阿嶽が書いたホヤホヤの新曲


こちらの記事で書いたように、阿嶽は今度、ロックレコードからアルバムを出すことになった大陸の女性歌手・郁可唯ちゃんのプロデュースを頼まれています。
そのアルバムに入る新曲ができたとのことで、 昨日、郁可唯ちゃんが自身のブログにて試聴音源を初披露いたしました。
阿嶽が作詞作曲をした「回家」です。(曲名だけだと順子の名曲とごっちゃになるなぁ)
チューブに音源がありましたので、載せておきます。音声のみです。



若い女の子が歌いやすいような曲調と、泣かせの歌詞(故郷に帰る女の子の心情を歌ったもの。センチメンタルでハートウォーム)。
真面目そうで、センシティブな印象の郁可唯ちゃんのキャラクターに合ってるんじゃないですかね。まぁ、こういうの出してくるんだろうなぁーと思っていたようなものを出してくるところが阿嶽らしいな、と(笑)。
個人的に超・嬉しいことなのですが、この曲、途中で阿嶽がコーラスで入ってきます!
はうぅぅぅ〜〜〜〜(感涙)。嬉しいいいいいい。
あのね、私、このパターンがもう、めっちゃくちゃ、めっちゃくちゃ好きなんですよ!
「このパターン」てのはつまり、阿嶽が女の子に詞曲を提供して、そこにコーラスで加わるってやつですけどね。
もうね、泣けます。嬉しくて。うっとりしすぎて。
私はもうホントに阿嶽の声が大っっ好きなんですけど、女の子とコーラスする時の声ってのがまた独特で、胸にクるのです。
セカンドアルバム(アイドル時代の)の頃みたいな声の出し方をするんですよねぇ。もう、震えるくらいキュート。それが女声と優しく絡む。絡んでもイヤラシクないのがまたたまらないのです。せつない恋の匂いがする。プラトニックチックな。そりゃもう何度聴いても飽きないってばよ。
てか、阿嶽の声が入ってくる瞬間ね!その瞬間の嬉しさがもう尋常じゃない。
「来るぞ、来るぞ、来るぞ・・・キターーーー」てな感じ。何度聴いてわかっていても、「キターーー(感涙)」となる。


余談ですがかつて「恋する惑星」で警官トニーが坂道をあがってきてミッドナイトエクスプレスの前で顔を上げるシーン(←登場シーンだね)を見るときに感じる衝撃がコレと同じでした。
何度も何度も繰り返し見てるのに、その都度悶絶したものです。わかってても悶える。快楽スイッチ633号!
今はトニーにそこまで入れ込んでいないので普通にいいシーンだなと思うだけですが、ムチュウだった頃、あのシーンで得た快楽はものすごい破壊力だったのです(これぞ映画だ、という感じでね)。カーワイって、すごいなぁ。


閑話休題
話は戻って阿嶽の声と女声の絡み、ですが。
私がこの組み合わせの素晴らしい相乗効果を知ったのは、楊乃文(フェイス・ヤン)の「我給的愛」(詞曲とも阿嶽作)でコーラスに参加したのを聴いたときです。

衝撃でした。

阿嶽の声が入ってくる瞬間がいい。控えめな入りから始まるコーラスで、途中「阿嶽を探せ」状態になったりもするんですが、そこがまたたまりません。こりゃもう擦り切れるまで聴きましたね。「あーあー」歌ってるコーラスでこれだけ妄想できるなんてアタシは変態か、と思ったほどです。
これはかなり長い間、私の入眠ソングでした。
それとターシー・スーとのデュエット「防空洞」。これは、別格に好きな曲です。
コーラス入りの提供曲というと、同じくターシーの「隨心所慾」や李心潔の「謝謝[イ尓]的愛」などもいいですー。


阿嶽が女の子たちに書いてあげる曲はどれもセンシティブで、阿嶽が考える「女の子の理想」がたぶん(いや、きっと)投影されていて、聴いてる女の子(つまりアタシだ。「女の子」ってトシじゃないが)にも、阿嶽に心を抱きしめられてるような気持ちになるのですよ。
たぶんね、私は阿嶽の持ち歌だけではここまで彼に感情移入しなかったと思うのね。自分の曲(わりとキャラやバンド編成に気を配ってスタイルを作ってる部分も大きい気がする)よりも、他の人に書いた曲には彼らしい自由な(フリーハンド的な、というか、天然なというか)感覚が出ていると私は思ってて・・・・そのトーンがとても好きなのです。
そらもう偏愛の域、ですね。
とりあえず楊乃文(フェイス・ヤン)の「我給的愛」だけ載せときます(このコーラスに惚れたらガチマニアだぞー)。