読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲道郁代オールベートーヴェン・ピアノリサイタル

Concert



曲目


ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第8番 「悲愴」
ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」
ピアノ・ソナタ第14番「月光」
ピアノ・ソナタ第23番「熱情」


アンコール:ショパンノクターン 第2番」


09年11月3日 栃木県総合文化センター 大ホール


我が国屈指の才色兼備ピアニスト・仲道郁代さんのリサイタルに行ってきました。
ベト好きの旦那も一緒に。
ありそうでない豪華プログラムですからね。こりゃもう聴き逃したら惜しいことこの上なしです。
しかも仲道さんのトークつきよ(*^-^*)。
トークは曲ごとに入ったのですが、それぞれの曲の特長や聴きどころをわかりやすく解説したもので、すごくいいナビになりました。


演奏は、ホントにもう、素晴しかった!のひとことです!
久しぶりに心とろけるピアノリサイタルを堪能しました。
どれも素晴しかったですが、悲愴の第2楽章とワルトシュタインは格別でした。
ワルトシュタインの1楽章で何人かの方から思いっきり拍手(ブラボーまで(^^;;))が飛んだのですが、それも無理ないと思えるほどの演奏でした。
しかもそのこと(曲間の拍手に関して)をトークでフォローする仲道さんの優しい心遣いも微笑ましく。
体調不良だったんですが、思い切って行って良かったです。
行く前に偏頭痛がひどくて、タイレノール飲んで出かけたんですよ。で、ちょっとぼんやりしてしまい、途中オチそうになったんですが、持ちこたえました(^^;;)。
とてもいいコンサートだったのですが、事前の宣伝が行き届かなさすぎで、客席がガラガラだったのが残念!
私もこのコンサートあるの知ったの1週間前ですからね(それもいいかげん遅いが)。普通にしてたら気づかないわな。もうちょっと告知のやりようあるんじゃないの?
自治体主催の音楽祭の一環だったからでしょうね。やってることがヌケ過ぎ。曲目紹介のパンフやチラシも無かったですからね。そういうのが配られないコンサートなんてたぶん初めてですよ。経費節約ったっていくらなんでもそこか?っていう・・・ねぇ。それならもっと集客しろよ、と。
まぁ、企画してくれただけでもありがたいんですけどね。地元ではなかなかクラの演奏会、聴けないからなぁ。