のだめカンタービレ #22

のだめカンタービレ(22) (KC KISS)

のだめカンタービレ(22) (KC KISS)


ようやく出ました!
新たな展開にまたワクワクしています。
それにしても、読みながらぶわわ〜〜っと涙が出てきてしまうのはなぜ。もうほんっとに泣けちゃうんだよねぇ(もちろん感激して、ですよ)
なんでこんなに上手いの二ノ宮センセ。
漫画という平面二次元モノクロ縛りの限られた場なのに、そこにはちゃんと音楽が聴こえる。オケが鳴っている・・・ような気がしてくる。
ミルヒーに「生きててよかった」と感涙させるくだりや、オクレール先生が本当はノダメのことをちゃんと理解していたことなど、「おお!」と驚くことが多かったです。
いろんなことにこなれているはずの偉大なる先生たちをも翻弄するんだもんねぇ。ちあきを使いものにならなくさせるくらいヘでもないのかもなぁ(笑)。
ノダメはいったい、どこにいくのだろう?
ホントに楽しい音楽の時間でした!
ここんとこ、ショパンのP協1番(ノダメがデビューコンサートで弾いた曲。ウチにあったのはツィマーマンのやつ)を聴きながら寝てます。

ショパン:ピアノ協奏曲第1番・第2番

ショパン:ピアノ協奏曲第1番・第2番