ゲーンキヨワン


地元の「ナムティップ」というタイ料理のお店へランチを食べに行きました。
ぱっと見、入りにくそうな雰囲気の漂う小さなお店なんですが、一歩店内に入るとイメージが全然違って、こじんまりと綺麗なイイ感じ。お店の方もとっても感じが良くて丁寧です。いろいろとお料理の説明もしていただきました。
私が食べたのはゲーンキヨワンという鶏肉入りグリーンのスープカレー。「辛い」ということが前もって書いてあったのですが、挑戦してみたい気持ちだったので注文してみました。
が、出てきたスープを一口飲んで、瞬時に思ったさ・・・・
無理!
もーーー想像した以上に辛い!
泣きそう。
でも、でもね、これがまた感嘆するほど美味しいのです!!
こんな辛いのに、こんなに美味しくて、美味しいから食べたいのに辛くて食べられなくて・・・ひー!
結局、時間をかけてユルユルと着々と食べましたよ。
ウマー!・・・でも、胃が痙攣しそう(汗)。香辛料にヤラレて風邪菌なんか一瞬で死滅するね。
基本ものすごく美味しいので、とても後を引きます。無理!って感じなのに、また食べたくなってしまう。今までに食べたグリーンカレーの中で一番辛かったですが、一番美味しかったなぁ。



手前がゲーンキヨワン。奥は友人が頼んだパットカパオ(挽肉バジル炒め&目玉焼きライス)です。これも美味しかった!
ケンチュー(春雨入りの優しい味の香草スープ)とマンゴープリンのデザートがついていたのですが、スープもデザートもめちゃくちゃ美味しかったです。
ホントに久々に開拓した!って感じの素晴らしいお店でした。思いがけず大ヒット。ぜひまた食べに行きたいです。