読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄金週間(その2)〜熱狂の日2


2日目は朝から本降りの雨模様。
・・・今年のGWの天気予報、全然当たらないじゃんねー。
旦那とお嬢は10:15からのミシェル・ダルベルト、マーク・マーダー他のピアノ五重奏曲「ます」を聴きにホールBへ。
その間、私とボクちゃんは子どものためのプログラムへとGO!
トイハウスという、ピアノトリオにダンサーが加わったグループの「時間旅行「シューベルトさんが時間を越えてやってくる!?」-シューベルトの生涯を音楽劇で-」という演目を鑑賞しました。
ちなみにこちらは無料。公演チケットの半券で入場できるプログラムです(だから、完全に無料、ってわけではないですね)。
ボクちゃんは食い入るように見てましたが・・・なんか、ダンサーさんが妙すぎでした(^^;;)。イッっちゃってるような感じで怖いのよー。子どもたちも怖さ半分で見てたんじゃなかろうか(汗)。


その後、スズキメソードの楽器体験コーナーに参加。
実はボクちゃんがチェロやバイオリンに興味がありそうなので、何か習わせてみようかなーなんて思っているところなのだけれど、実際に楽器に触ってみないうちにはどんなものかもわからないし、想像と現実の違いをちゃんとわかってもらうためにも、一度、体験教室のようなものに行かせてみたかったのです。なので絶好のチャンス!


最初は興味深々で楽器に触れたがっていたボクちゃんですが、順番待ちで並んでいる間、他の子どもたちがヴァイオリンやチェロを構えて音を出したりしているのを見て次第に不機嫌に。
「ダメだよ。ボクできないよ。難しいよ。帰ろうよ。」とふてくされ顔。
「でもさ、せっかく並んだんだからちょっとだけでも触って帰ろうよ。楽しいかもしれないし」と促して、順番が回ってくるまでどうにか並ばせました。
ここで帰っちゃったら、やってもみないうちに「難しい。無理」という気持ちだけを抱えて帰ることになるもんね。そりゃ何の体験もないよりさらに悪い状態なわけで、ここで引き下がることはどうしてもできないじゃないの。どう転ぶかわからないけれど、とにかく楽器に触れさせてみなくては何もわからないですからね。
最初はバイオリンの体験。小さくてミニチュアみたいなバイオリンが可愛い♪
講師の方の指示通りにポーズをとり、弓をあて、開放弦の音を出した瞬間・・・ボクちゃんの目の色が変わりましたよ。
手取り足取り導かれ、なんとかキラキラ星を弾けた時の嬉しそうな顔!
講師の先生も「すっごく上手ですよ!びっくり!」なんておだてるもんだから、もう本人、得意満面ですよ。(実際、想像してたのよりずっとうまく構えられてて「お!」なんて思っちゃったんですけどねー・・・って親馬鹿か)
終わった途端、「もう一度弾きたい!」と列に並び直そうとするのを止め、今度はチェロの体験へ。
こちらは適当なサイズが用意されていなくて、ボクちゃんには大きすぎだったんですが、嬉しそうに弾いていました。チェロのボディを抱えて音が響いてくるのが新鮮な驚きだったようです。
体験が終わってから「チェロとバイオリン、どっちが面白かった?」と聞いたら、「チェロ!」との答え。
うーん、やっぱり早くから習わせること考えちゃおうかなぁ〜・・・なんてね。
とにかく、「楽しい、やってみたい」という気持ちをお土産にできただけでも大成功でした。

「次はどこへ行く?」
去年と違って、今年はボクちゃんもしっかりこのお祭りに参加できてる感じ。
それ見てるこっちが何より楽しいのダ(^0^)。


その後、お嬢たちと合流。戸外のミュージックキオスクでTAMA21交響楽団のメンバーさんによるオーボエ&ピアノの演奏を立ち見で鑑賞しました。
最後の曲が「アベマリア」のジャズ風アレンジだったんですが、それがもう、めちゃくちゃ素敵でした!!
絶妙なノリでカッコイイんだよ〜。一瞬、ここはニューヨークか?みたいな、楽しい錯覚をつれてきてくれました。
こちら↓がその演奏風景。

ミュージックキオスクの周りには花がいっぱい。
でも、ちょっと香りのキツイ花もあり、近寄ると微妙・・・だったり(汗)。
いや、見た目はすごーく綺麗なんですけどね。
雨は降り続いてました。雨の戸外にオーボエとピアノのハーモニーがゆるやかに溶けていて、うっとり。


その後、広場のテーブル*1で、屋台のエスニック料理を食べながら、引き続きミュージックキオスクでの演奏を聴きました。
アウラという女声ア・カペラグループの合唱です。
モーツアルトやベトベンの「田園」(ワーズワースが作詞つけてんですって!)などシューベルト以外の曲も聴けて、なかなか盛りだくさんでしたよ。
ここでの演奏はすべて完全無料。ふらっと立ち寄って聴いてゆける手軽さがいいですね!
無料だからといって演奏がアレレ?だということもありませんので、わざわざ出向く価値あります。
屋台が出た広場の雰囲気自体も楽しいしね!
あ、ちなみに私はタイカレー(グリーンカレー)食べました。美味なりよ。
この演奏が終わる頃には、雨もあがり徐々に空が明るくなってきました。
私たちも会場を後にし、次なる予定に移りました。

*1:そのちょっと前までエヌ響のタナムラさんやオオミヤ君が座って寛いでいた!スター(?)がナニゲにいるから驚くわー。ダルベルトが歩いてる姿も普通に見られたし!