読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外俳優限定「理想の○○バトン」

某所で拾ってきました。
「海外俳優限定」としたのは私の独断です(^^;;。
拾って遊びたい場合はここの部分はお好きなカテゴリにご自由に変えてみてください。
あのヒトが○○だったらいいかも〜っていう妄想大爆発バトンです。
考え始めるといろいろ悩むんで、直感でパパッとセレクトしてみました。
うひひ。さっそくいってみよー。


1. 恋人にするなら?

ビリー・クリスタル



私が恋人に対して持つ理想、ってのは、頭が良くて、言葉が豊富で、優しくて、冗談が上手くて、巻き込まれてくれるタイプで、身長差があまりなくて、精神的にマッチョじゃない人・・・ってとこ。
恋人たちの予感」のビリー・クリスタルが真っ先に浮かんだ。
それと、SNLでのビリーのキャラ、フェルナンドとかも妙に好きなので・・・ってことで、若い頃(っても40代くらいまで)のビリー・クリスタルで想定してみました。


2. 友達にするなら?

ブレッキン・メイヤー



これは、ちょっとした加減で恋しちゃうかもしれないんだけど(汗)、一応、友達枠で。
彼はすごーくいい友人になってくれそう。
身長差もないし、威圧感もないし、可愛いし。
ちょっと繊細すぎるところがあって「アタシがついててやんなきゃダメかもな」、と思っちゃうところもまた友人でいてあげたくなる感じ。


3. 夫にするなら?

トム・ハンクス



これはもう、ガチですな。理想のオトコノヒト。でも、エロは無い。ゆえに家庭向き。
トムの魅力的なところは、すごく真っ当に男の子が男の人になっていってるなーという雰囲気を持ってるところ。
マッチョじゃないのに、すごく「男っぽい」んですよ。
責任感とか、正義感とか、包容力とか、そういうものを年とともに頑張って学習してきた感がある。
最初からできすぎてるカッコいい人じゃないからこそ、いいんですよ。若いうちにこういう人と結婚して、二人で成長していきたいなぁ〜と思えるんですよね。パートナーとして大きくも小さくもなく、でもどこか頼りになる楽園のアダムのような人。


4. 兄弟にするなら?

梁朝偉が兄貴、張震嶽が弟。



兄弟ともにアジア系でまとめてみました。
二人とも鼻がテカってるのが共通点です。どう見ても可愛い、ってとこもよく似てますw
張震嶽が弟弟だというのは、これはもうずーっと言ってるね。そんなふうにイトシク思ってます。
何をしても可愛い。文句なく可愛い。
偉仔も、わりと最初の頃から大好きなお兄ちゃん、です。いつも、とても好き。
「ダメだなぁアニキ・・・」「頑張れ兄ちゃん!」と思うときも多々あるけれど、いつでも大好き。今の彼女がヨメに来るのはイヤだなぁ・・・と妹はずっと思っとりますが・・・別れる気配も無さそうだな(爆)。
この二人は身内みたいな感覚で大事な人なので、きっと一生大好きなままです。
時折、アニキにはエロなものを感じたりもするんだけど、すぐ思い違いだと気づくところがポイント。


5. 先生にするなら?

デヴィッド・シューリス


私にとってデビシュはやっぱりルーピン先生なんです。
で、私はどういうわけか「先生」ってのにめちゃめちゃヨワイ!実際、リアルで先生に惚れたことは一度も無いし、どっちかっていったらニガテな存在なんですけど、概念(妄想)の中では先生って存在が一番ツボなんですよ、不思議と。
デヴィッド先生には、もちろん片想いっすよ。
こっちはすごく惚れてますが、センセはうすうす気づきながらもやんわり回避・・・という設定です。
わざとパンチラなんかしてみましたが、センセは見てみぬフリです。でも、いつかきっと、攻略してみせるつもりですよ。燃える!
「闇の魔術に対する防衛術」の授業を指折り数えて待ち、誰よりも早く教室に行き、終始うっとりと先生の講義を聞き、最後に先生のところに質問に伺ってから、誰よりも遅く教室を出る毎日です。
指折り数えて待っているのは、「熱心だね。それじゃ今度、個人授業をしてあげよう。」という先生の言葉です。うひー!失神。


6. クラスメイトにするなら?

ジェイソン・ビッグス


最初、アダム・サンドラーにしようと思ったんだけど(ホントに同じトシだという理由だけで(^^;;)、それだったら相似形だけど全然好感度の違う(要するにメッチャ好きな)ジェイソンにしよう!と思って。
いや、全然同級生って年回りじゃないんだけどwそれは置いといて。
ジェイソンみたいな人がクラスや職場にいてくれるとすごく楽しいと思う。彼はああ見えて頭もイイし育ちもイイ。ボッとすると惚れてしまいそうになるが、そこはあえてグッとこらえる。・・・こらえられるだろうか(汗)。そのギリギリのスリルが味わえるところもまたツボだ。体育館のウラで隠れてキスくらいはしたいかも!あ!でもアタシにはデヴィッド先生が!



7. 父親にするなら?

ダン・エイクロイド


これもガチですな。「花嫁はエイリアン」とか「マイガール」などで最高にステキな男ヤモメのパパを演じてんのですが、それはそのまま私の理想のパパでした。
ダニーは恋人でも夫でも嬉しい人ではあるんですけど(とにかくとても好きなので!)、はっきりいってこの人、かなりのヲタクなので旦那や恋人には向いてない気がする。
距離がね、遠いと思うんだよね、パートナーとしては。
休みのたびにハーレー乗りに行ったりライブハウスに入り浸ったり深夜遅くまで超常現象研究してる旦那ってのはどうもねw
やっぱり父親ってのが一番しっくりするなぁ。多趣味で博識で優しい父親だ。
それにね、彼の最大の魅力(私が感じる魅力、って意味ですよ)ってのはたぶん「父性」なんだと思うの。ベルーシを見守っていた20代の時から、この人には不思議と深い父性があった気がする。それはすごく、心強い安心感を呼ぶのです。


8. 一夜の相手にするなら?

チャーリー・チャップリン

チャーリー。それはハリウッドスキャンダルの代名詞。
きらびやかなパーティーにおける果て無き乱交。この世のバビロン。ぜひ覗いてみたいあの世界!
あのエロティック大王と一夜を共にする、というのは一つの記号をこの身に付与されるということでしょう。
ある意味、時代と寝ることに等しいのだ!トキメク!
ていうか、私は基本的にこの人が大好きなんですよ。ヒューマニズムに溢れた「ライムライト」のチャップリンではなくて、移民したてのハングリーで爆発しそうなくらいの才能をもった神経質で奔放な芸術家のチャーリーがね。
一度でいいから生きてる彼に逢ってみたかった。絶対に無理だけど、できれば若いときの彼に。


以上。
一番悩んだのが、「恋人」でした。ここに挙げた誰とでも恋人になりたいんですもんね。だってみんな好きだもん。
恋人ってすごくストライクゾーン広い・・・というか、区分としてすごく曖昧なのかもなぁ〜と思います。
で、結局一番自分に近いというか、すごく一緒にいてラクチンな人を選んでしまうという・・・(^^;;。もうチョイ、刺激を求めてもいいんじゃないか?って気もしますがね、妄想なんだから。
ぜひ拾ってみてくださいこのバトン>ALL