地元のカルチャー情報誌「fooga(フーガ)」での宮田大くん



「fooga(フーガ)」は、栃木・宇都宮を中心とした地域カルチャー誌(?)です。
情報誌的なミニコミというよりも、もうちょっと文化度が高いの。印刷や写真もきれいで、雰囲気が良いです。
そのわりにコラム系の文章がダメっぽなのがどうにも気になるんだけどね(要するに紙媒体にありがちな情熱の無い場埋め的な文章を書く人が多いわけです)。
でもまぁ、目指すところの高さはわかる気がするわけで。低きに流れない姿勢には好感が持てます。


この地域雑誌のバックナンバーに宮田大くんの特集があったと聞き及び、編集室に購入を申し込んだら、なんと「郵送するより早いから」と、編集さんが直接我が家に届けにきてくれました。
ちょっとびっくりw ありがとうございます(^^;;。


大くんの特集は巻頭カラー16ページぶち抜きで豪華です。これ、もし将来、彼が大物になったら貴重だぞ〜。
まだ若いのでインタビューでの受け答えは優等生的なことを素直に話すだけ・・と言う感じですが、そういう受け答えの中からも育ちの良さ、人の良さが垣間見られますね。おっとり系かな。
笑った顔などはまだまだ少年風味で(この特集の時の彼はまだ17歳!)、実力勝負の世界の中で耐えて行けるのか心配になっちゃうような心もとない感じなんですが・・・のびのびと頑張って欲しいものです。
何はともあれこれからの活躍を楽しみに見守ろうと思いますですよ(^-^)。