布製仕掛け絵本


少し前に坊やのために作ったグッズです。ちょっとヒットだったので、記念に載せておきます。
これ、ボタンのつけはずしが大好きなお年頃(1歳〜2歳半くらいまで)向きに作ってあります。

画像左から、

■カーテン・・・ファスナップをつけています。プチプチ留めて一気に外す・・・という連続ボタン遊びを楽しめます。端は縫い付けてありますので、片側のみ開閉可です。カーテンを開けると子供たちが遊んでいる様子が見えている・・・という設定でw、内側には犬と遊ぶ子供たちがプリントされたパッチワーク用の切り売りクロスを貼ってあります。
■ポスト・・・中にカードが入れられるようになってます。カードといっても、読み終わった幼児雑誌からお気に入りのキャラの部分などを切り抜いて入れておくだけです。なくしてもすぐ補充できるので大丈夫。
■果物・・・中綿入り。裏側にスナップが付いていて、土台に付けられるようになってます。
■電話・・・受話器にスナップ付き。本体の中には「なき笛」が入れてあるので、押すとピーピー鳴ります。

右側のページには、ファスナーポケットと、数字と小鳥のマスコットが。こちらもスナップがついていて、くっつくようになってます。


マスコットにはどれも毛糸のヒモがついてます。これは紛失防止用のヒモです。
見た目はちょいとウルサイですが、小さな子はすぐに小物を無くすので、ヒモがあったほうがいいですね。片付ける時の手間が断然違います。

3つ折りにして畳んで、マジックテープで止めるとバック型になり、持ち運べるようにもなってます。
外出時に、これを腕に提げていそいそと出かける様子は可笑しいですw
ファスナーポケット部に、カードやちょっとしたお菓子が入りますので、バックとしても使えるというわけ。
パッと広げてパッとしまえて、すぐに外出に対応できる・・・という、実はスグレものなのダ。
中には厚めのキルト芯を入れていますので、ヘタリもなく、洗濯ももちろんOK。
子供のものは「洗える」「丈夫」がポイントですね。
以上、私の完全オリジナルです(^-^)。ビジュアルはともかく(汗)、機能には自信ありです。


単純で、すぐ飽きちゃうのではないか・・・とも危惧したのですが、そんなことはなくて、幼児にとってはわりと夢中になれるおもちゃのようです。

ほぼ一晩で勢いだけで仕上げたものなので、今になってから「ちょいと工夫に乏しかったかも・・・」という気もしますが。
もっといろんな種類のボタンを使うと楽しかったと思います。ボタンホールとか、チャイナ・ボタンとか、バックルなんかもあったらいいかもしんないね。
デザインも、土台を木のモチーフにして実や花を付けられるようにしたり、お弁当箱のような形にして食材を詰めさせるというのも面白い。アイディアだけはどんどん出てきますが、なかなか凝ったものを作るのは難儀ですな。
子供が喜んでるから、それでいいんだけれども。子供はほんの些細な・・・たとえばトイレットペーパーの芯に顔を描いただけのようなものでも、手作りすっと喜ぶもんね。