レッスン3回目

レッスン内容

ボウイング

  • D線、A線、E線のアップダウン
  • 元弓から始めるアップダウン
  • 中弓から始めるアップダウン

■スケール
D線、A線のスケール練習
■ポージング

  • 左手の形(親指はネックに引っ掛けないように。手のひらはペタっとならないようにネックから少し離す。指に動きの幅が持たせられるように、自由度の高い角度を保つこと。)
  • 鏡を見ながら、腕の角度の確認。バイオリンと弓が直角になっているかの確認。


3回目。
今日はやっとスケール練習に入れました。
指位置は、みっちり予習していったので実は自信があったんですが、やる前から先生にフレットシール(っての?金色のラインになってるシール)を2本、楽器に貼られました・・・(涙)。「最初はコレを貼るとわかりやすいからね」って。
これって要するに鍵盤に「ドレミ」って書き込むようなモンです。
うー。カコワルイ・・・。これされたくなかったから一生懸命予習したんだけどなぁ。
でも、さすがにシールがあるとキンチョーせずにほぼちゃんとした音が出せるのでイイかも・・・と弾きながら思いました。ラクしちゃマズイ気もするが・・・ま、いいや。どのみち慣れちゃうだろうから。
弦の押さえ方はよくできてるそうです。
正直言ってギターよりラク。ていうか、弾き始め時期の指先の痛みが軽い気がします。フレットとの距離がないせいか?弦が柔らかいからか?全体、ちっちゃいからか?
そのかわり、腕が・・・二の腕が痛い!30分も続けて練習するともう腕が上がりません(涙)。肩も痛い。背中もパンパン・・・・
もうね、上半身の筋肉が酷使されてる気がします。
それを先生に伝えたら、「たぶん体に余分な力が入っているんじゃないかな。」と言われました。
「ラクに構えてください。こんな感じで・・」と言って見本を示されましたが、よくわかんないです・・・力の入れ方は見えないので(^^;;。
とにかく筋トレも必要っぽい。腕立てでもしようか。