お道具お披露目


私の楽器一式の特徴及び価格など、書いておきます。
こちらが私のバイオリン。
中古で36000円でした。


スズキのNo,280です。
初心者の練習用にはコレで十分かな?というグレード。
1982年製ですので、もう24年も昔のものですが、バイオリンは年数を経たものが音が良くなることも多いようで、これも新品のものよりは音が丸くなっていていい感じに古くなっているとのことです。


ケースは中国製のものを現地から通販で取り寄せました。
国内のものでかなり探したのですが、気に入ったものは高価だったり、安いものは見た目がイマイチだったりしたので。
表地は黒で、内側のベロア地は深緑色です。
大きさのわりに軽くて持ち運びもラクですし、A4サイズの楽譜が入るポケットもついているので便利。
いかにもバイオリン、って形をしていないのもナイスです。
船便送料込みで6000円でした。

弦はドミナントです。
スタンダードなナイロン弦。オーストリア製。
近所の楽器店(新星堂ですな)で買ったらばら売りしかなく、全部で税込み5880円しました。
同じものがネットの通販では税込み4620円で売ってました・・・。今度はネットで買おう。
しかし、ギターの弦と比べるとほぼ10倍の値段。べらぼうに高価ですね(涙)。

松脂は適当なものがわからなくて、一応"バイオリン用だからダイジョブだろ"くらいの頭で「ピラストロ オイドクサ」というのを買いました。
ドイツ製。1300円。
が、これはどうやらガット弦(オイドクサ弦など)に適したものらしく、ナイロン弦(ドミナント弦など)にはちょっと硬いのだそうです。
老師には「これでも使えるから大丈夫」と言われましたが・・早まったなぁ。無知な状態で先走ってモノを買ってはダメです(汗)。
ちなみにナイロン弦で初心者向きのものといったら、同じピラストロのラインナップのトニカあたりがいいらしい。買い換えようかしらん。