読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「劇場」単行本、出ました!

発売日に買いましたよ! 嬉しいねぇ(´∀`*) 「火花」の装丁より好きです。でも、作品のイメージよりちょっとハードボイルドかもなぁ。 出版記念のいろいろなイベントには行けませんが、なにやら楽しそうな企画がいろいろありますね。 写真展とか!ひゃー(;゚…

「劇場」

マッタンの新作「劇場」を読みました。ネタバレあるかもですので、知りたくない方はパスしてください。・・・・ マッタンの初めての「恋愛小説」として紹介されているこの作品。予想していたとおり…というか、予想していた以上に、(マッタンのファンであれ…

新作!

今日、マッタンの新作「劇場」(が掲載されている「新潮」)がアマゾンから届きました。発売日だった昨日は書店に行かなかったのでわからないけど、今日はもう近くの書店のどこにも「新潮」は置いてありませんでした。即完売!怖い!なんでこんなに人気があ…

NHKスペシャル「又吉直樹 第二作への苦闘」

新作の発売を前に、またマッタンの周りがザワザワし始めました。私の気持ちもザワザワする。(ミゾミゾする?@カルテット) 「火花」が掲載された時の「文学界」が買えなかったトラウマがあるので、今回はアマゾンで掲載誌を予約したんだけれど、今回も失敗…

タイプライターズ~物書きの世界~

シゲちゃんとマッタンが二人でMCを務める”物書きの物書きによる物書きのためのバラエティー”「タイプライターズ~物書きの世界~」って番組を観ました。 って、げーーーっ。こんな番組あったのね(汗) マッタンファンなのに全然知らなかったわ…TVチェックは…

夜を乗り越える

マッタンの新刊が出ました。 夜を乗り越える(小学館よしもと新書)作者: 又吉直樹出版社/メーカー: 小学館発売日: 2016/06/01メディア: 新書この商品を含むブログ (8件) を見る よしもとが小学館と組んで出す新書の第一弾。 さっそく買ってきて読んでます。 …

「こころの路線図。西武鉄道」

昨日から、マッタンが西武鉄道のCMにお目見えしております。 小説の着想を練りながら旅をする、という、マッタンらしい魅力がすごくよく出てる可愛いCM。 設定がツボだ!と思ってワクワクしていたのに、実際観たら思ったより映像がツボらない… なんだろうな…

深い珈琲エッセイ

AGFさんのブレンディ・ボトルコーヒーで、マッタンのエッセイが載っている特製ボトルというのが出ています。夏に第1弾が出たのですが、今はバージョン違いの第2弾がまた出てるのです。 これが9本入った(エッセイは全9種類ある。それがまとめて全部読めると…

謹賀新年

あけましておめでとうございます! お天気も良く穏やかでいいお正月ですね。 今年こそはミニマリストを目指そう!と、我が家のお正月飾りもシンプルにキメてみました。 昨夜は、紅白→ゆく年くる年→生さだ、と毎年恒例のTVを見て過ごしました。 (もちろん裏…

生きてるだけで精いっぱいの俺に何をしろというの

えー。ちょっと早いけど、今年の総括です。 表題はエレカシの「Destiny」の歌詞からとりました。 今年1年(てか、ここ2年くらいの間)の私の意識はまさにこれでした。 何があったわけでもないんだけど、とにかくヤル気が出せずにダメ感だけが強かった。 片…

ベストドレッサー

マッタンが、今年のベストドレッサー賞に選ばれました! 学術・文化部門での受賞ですってよ!先生w 授賞式でのスタイルは「大阪の阪急電車の色です」というワイン色のジャケット。 全身が写ってる画像がこれしか見つからなかった。(表情ビミョー) これが…

新聞エッセイ

11月11日は「独身の日」だの「買い物の日」だの「鮭の日」だの「電池の日」だの「ポッキーの日」だのいろいろと賑やかですが、「介護の日」でもあるそうです。 (由来:厚生労働省が2008(平成20)年に制定。前年に実施されたパブリックコメントに基づいて決定…

直木賞作家東山彰良さんとの対談

久しぶりのマッタンネタ。 福岡にご実家のある友人が、RKBテレビ(福岡県ローカル)で放送しているピースの番組をDVDに録って送ってくれました。 直木賞受賞の東山彰良さんが出演してマッタンと対談した回の放送です。 なんと東山さん、その友人のお友達の旦…

「働く男」対談

世間のほとぼりが少し冷めてきたようなので、久しぶりにマッタンネタ(最近はもうめちゃめちゃニュースが多くて追い切れなかったので静観してました(^^;、先生、お忙しすぎなのでねー)。 星野源くんのエッセイ「働く男」の文庫版にマッタンとの対談が載って…

どこまで続くかこの祭り…

今日の新聞で一面広告がどっかーーーーんと。 こんなデカい活字、見たことないよ… なんかもう、社会事変レベルのニュースでしか使わないようなデカさ。 なんだろうなぁ… 物凄い勢いで何かが「たかってる」感じがする。 いいんだか悪いんだか…悪いってこたぁ…

「情熱大陸」

やった!とうとうマッタンが「情熱大陸」に登場しました! 「作家」と「芸人」の二足の草鞋を履いて歩き続ける日々。そして芥川賞受賞を追いかけたルポ。 めちゃくちゃカッコよく撮ってもらって… …っていうか、ご本人がやっぱりすごくカッコいいんだよなぁ。…

巷間かまびすしく

マッタンが芥川賞獲ったことで世の中が騒然としています。 どこもかしこもマッタンの話題で溢れていて、なんだか不思議な世界… ネットもワイドショーも見なきゃいいんだけど、それをチェックせずにはいられないのがまたファンの哀しさでね。 だって出てるん…

芥川賞受賞!!!!

ヤッターーー゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ーーー!!! マッタン、芥川賞受賞いたしました!!!! スゴイ!!!ゴイスーーーー!!! 会見、見ました。 いつものマッタンじゃなかった。初めて見る表情をしてた。 マッタンて、今まで私が見る限りではいつだって…

芥川賞候補

奇しくも桜桃忌(太宰の命日…ってか、遺体が発見された日ですね)の今日、マッタンが芥川賞の候補になったというおめでたいニュースが飛び込んできました! すごいなぁー!これはイケるんじゃない?? 三島賞が残念だっただけに、芥川賞は獲って欲しいなぁ。…

又吉直樹委員

経済産業省の和装文化振興研究会の有識者会議のメンバーとして活動しているマッタンの様子が、昨日のニュースで流れました。 又吉直樹委員wwww 「委員」ってわざわざ言わんでも、って感じですが、新鮮ですね (・∀・)! 政府までマッタンにラブコールして…

下北ヴィレヴァン

「又吉の本棚」のある、下北沢のヴィレッジヴァンガードで書籍購入者にマッタンの直筆ブックカバー(数量限定)を付けてくれるという企画が開催中……と、発売中の「ダヴィンチ」に載ってましたので、お嬢に様子を見に行ってもらいました。 「なんでも好きな本…

今日の選択

ボクちゃんがEテレの「0655」「2355」(って番組。大好きでいつも帯録して見ている)の中の「今月の歌」みたいなコーナーに、以前マッタンが出てたよ、と教えてくれました。当時はまだボクちゃんもこの番組観てなくて、昨日見つけて教えてくれたの!嬉しいね…

ダ・ヴィンチ!!!!!

ぎゃー!ナニコレすごすぎるぅぅぅ。 今月号のダ・ヴィンチはマッタン特集です!! めっちゃファンの人が編集部にいるわね?っていう、素晴らしすぎる特集でした。 内容が濃い! なんかもうね、感動…… みんなマッタンのこと大好きだろw 見方を変えるとこの…

新潮のキャンペーン

書く機会を逸しておりましたが、マッタンの新潮文庫のキャンペーン第2弾が開催中です。 これ公式サイトによると期間が5月いっぱいということに一応なっているので、もしかしたら6月になった途端にポップやポスターなど撤去されちゃうのかもしれない…と思い、…

あっちもこっちも

マッタンは今や押しも押されぬ人気者ですので、あっちにもこっちにも出没していて追いかけるのがタイヘンです(;'∀') TVの出演番組も増えてるし、雑誌に出る機会も多い。 こちらは今日発売の2誌。 「AERA」と「BIG Tomorrow」です。 「AERA」は表紙! カッコ…

芸人と俳人

アマゾンで予約しておいた新刊が届きました。 「すばる」誌で連載してた俳句教室の単行本化です。 連載中に全部読んでいるものですが、あらためてまとまったモノを読んでみると圧巻です。 マッタン、勉強してるなーってw でも、(私含め)俳句トーシロには…

初ミステリ!?

ちょちょちょっと待って、おにさーん。 「悪魔が隣に越してきた」ってなんですのーーーん! ネットチェックを怠っている昨今、全然知らなかったのですが、なんとマッタンがミステリー小説を書いてました! 「火花」後、最新の小説ですよ。 普段から「ミステ…

ビッグコミックの表紙!

本屋で見かけた瞬間に、「どわひゃーーー・:*:・:(*゚Д゚*)・:*:・」と意味不明な叫び声をあげてしまいましたーーカッコ良すぎて! 「文学界震撼」だってよ。 うわ。 超カッコええ!! こんなにもステキに描いてもらえるなんて、作家先生ともなると違うね。嬉…

ananの表紙!

とうとうアンアンの表紙まで飾るようになってしまいましたよ……凄いですねぇ。 ベーちゃんが本屋にいるという図の似合わなさw そして見事に文字のない本を選ぶというブレなさ。もうね、ベーちゃんは可愛いから何でもいいわw マッタンはいわずもがな、こうい…

早っっ!

新聞広告で見つけたマッタン。 こないだの「文學界」発表の小説、もう単行本化されるのね。 仕事早いなー文春さんw(今が稼ぎ時!ってのは正しい判断よね) 結局まだ読めないままの私はもう単行本のほう買うわ。 どっちみち買うんだからそれまで読まずに待…

春は誰のもとにも

広野辺に菜花尋ねてスローライド 春は菜の花。一面の菜の花。 青い空の下に、広々とした菜の花畑がどこまでも広がっている…というのは、心躍る春の風景です。 そんな憧れの風景に辿り着くために、ゆっくりコトコトと、鈍行列車に乗って海辺の町まで旅に出て…

「文學界」がプレミア価格?!の件

びっくりしたね。 マッタンの小説が載ってるので話題の「文學界」2月号がどこにもありませんよ。 なんとオークションで高額取り引きまでされてるそうで(汗)。 文藝春秋社はすぐに増刷決定しました。 創刊82年で初めての増刷ですってよ。史上最高4万部発行…

古書市

地元のデパートの催事でやってる新春古書市に行ってきました。 これは毎年のお楽しみなんだけど、断捨離と節約をしてる分際なので、なんだか古書を買うのもためらいがち……なわりにはフタ開けたらなんだか真逆のことをしてしまい大いに反省(汗)。 今年は台…

一句いってみる?

堀本裕樹さんとマッタンが月刊「すばる」で「ササる俳句、笑う俳句」という俳句指南講座(?)のようなコーナーを隔月で連載してるのですが(欠かさず読んでます!)、今そこで俳句の公募を行ってます。詳しくは堀本さんのブログを参照の事 ↓↓http://horimot…

コーヒーと本の贅沢な時間

AGFのキャンペーン「コーヒーと本の贅沢な時間を贈ろう」のキャラクターにマッタンが登場です♪ これはもうね、ファンにはたまらない企画!! サイトにはマッタンが選んだ好きな本の一節がたくさん載っています。 珠玉の言葉たち。 これを読むだけでもなんだ…

マッタンに関するネタいろいろ

日曜日の話だからとっくの昔なんですが、今週の朝日新聞書評にマッタンの「東京百景」がとりあげられていました。 評者は水無田気流さん。 特に新鮮味もない評でしたが、とにかくこういうところに取り上げられることが大事なわけ。 新聞の書評欄や広告で読む…

9月です

いよいよ9月ですね。 秋……って気分にはまだなれませんが(今日も猛暑)。 今年も残すところ4か月ですよ。 早いなぁ。 今年一年また何もせずに終わるのか、と思うとやおら焦りだしたりして(汗)。 先月末にマッタンの新刊「東京百景」が出ました。 東京百景 …

活字の世界

マッタンのラジオ「ピース又吉の活字の世界」を聞くのが好きです。 (以前放送されたものをネットで探して聞いてます) 文学や本に関する話題に特化しているので、めちゃくちゃ面白い。 これだけでイイ、くらいの勢いでここには私の好きなマッタンがいるんで…

東京に住んでいるヒトが羨ましい、と思うようでは負け!

ヴィレッジバンガード下北沢店で、又吉の本棚っていう企画(マッタンの選んだ本が並んでる)をやってるそうで、先着50名様に直筆サイン入り栞をプレゼントしますー直筆ポップもあるよー!…とか 再来週発売の新刊「東京百景」の出版を記念して神保町の三省堂…

 心ここにあらず。彼方にありて焦燥す

A社とB社の2銘柄の株が気になっているが、どちらか一つしか買える資金がない。 逡巡の末、A社を買ってみたけれど、買ったとたんにA社の株価が下がりだし、気になっていたB社の株価が上がりだした。 「や、間違ったか」と思って慌ててA社を損切りして、B社を…

クイズ番組は鬼門

我が家はクイズ好きで、「アタック25」「Qさま!」「ミラクル9」は欠かさず録画して必ず家族全員揃って見ます。 マッタンの親友・パンサーの向井くんは最近やたらクイズ番組に出てきますが、めちゃくちゃデキがいいんでビックリです。 そのうち宇治原に次…

又吉、もう家帰れ

CXの27時間テレビ、ひどかったね。 深夜でもない時間帯から驚きの下ネタオンパレード。 嫌いなTV局ぶっちぎりナンバーワンに選ばれて、タガが外れたか? あまりの下品さに呆然。これはいくらなんでも家族揃って茶の間で見られる内容じゃないよ。 (私はこう…

「昔日の客」

島田潤一郎さんという方が一人で切り盛りされている出版社・夏葉社さんとの心温まる出会いを語るマッタン。 インテリジェンスが溢れてビチャビチャ(by・フット後藤)ですw マッタンらしいエピソードですね〜。 マニアなエピをつんのめりがちに語る嬉しそ…

むきゃーー!

こんなに早く願いが叶うとは!!!!!! めっちゃ嬉しいぃぃぃぃーー。 ピース又吉の人気連載コラム書籍化「東京百景」発売決定 これ、単行本化を願っているファンがすごく多かったんですが、ついこないだまで刊行未定だったんですよ。 最近ファンになった…

私の好きなインタビュー記事

マッタンの記事が載ってる雑誌をいろいろ物色しています。 中でもすごく気に入ってる2つの記事に関して、ちょっと書いてみます。 (えーと、遠目で見ていてもわかるかと思いますが、かなりハマってます(汗)しばらくしょうもないエントリが続くかもしれま…

あおつらえ

マッタンが和装のモデルをやってる、ってのでどうしても入手したかったテキスタイルメーカーの限定スタイリングブックをやっと入手しました。 やっと、ってのは、これを手に入れるまでいろいろと紆余曲折があったんですよ。 そもそも、これってそのブランド…

新潮文庫の百冊

毎年恒例の夏の文庫フェアが始まりました。 「新潮文庫の100冊」の今年は”100人が選ぶワタシの一行”というスタイルで、100人の本好きの皆さんが好きな作品の好きな一行を挙げて紹介する、みたいな形になってます。 その100人の選者は(かなり個性的な)似顔…

オイコノミア

大河の視聴率が下がってるようですね。 面白いけどね? …ってのはもう去年から同じこと言ってるけど、要するに歴史そのものの複雑さとかについていけてない人が中途脱落してるだけだと思いますよ。 歴史を扱ってるだけで最初からある程度のハードルの高さが…

おしゃれインベーダー

おっしゃれッツ世界征服♪(@ジーユー) のCMにも出てますマッタンは実際もめっちゃお洒落。 よしもと芸人のお洒落さんランキングでは連続1位独占するほどです。 マッタンのお洒落は基本、古着を駆使したカラフルな”奇妙コーデ”で、ちょっとレベルが高く…と…

冬の本

「冬」と「本」をテーマに、もしくは「冬の本」という言葉から発想できることを、自由に書いてください…と依頼された84人の小説家や著名人たちのエッセイ(だったり、読書案内だったり)が載ったアンソロジー。 「夏葉社」という、寡聞ながら今まで知らなか…