Concert

黄金週間(その2)〜熱狂の日2

2日目は朝から本降りの雨模様。 ・・・今年のGWの天気予報、全然当たらないじゃんねー。 旦那とお嬢は10:15からのミシェル・ダルベルト、マーク・マーダー他のピアノ五重奏曲「ます」を聴きにホールBへ。 その間、私とボクちゃんは子どものためのプログラム…

黄金週間(その1)〜熱狂の日1

ゴールデン・ウィークの出来事など、後書きですがまとめておきます。 5月2日、3日と、1泊*1でラ・フォル・ジュルネのお祭りに参加してきました! 今年のテーマは、「シューベルトとウィーン」。 シューベルト・ファンの旦那は例年とは意気込みが違いましたよ…

キムさんのマラ1リベンジ

春です!マラ1の似合う季節です♪ ということで、先週土曜日、楽しみにしていた金聖響&東フィルのコンサートに行ってきました。 小山実稚恵さんの協奏曲もあるステキなプログラム。 実は「キムさんのマラ1」には苦い思い出が。 ちょうど一年前の今頃ですよ…

初ダスビ!

ショスタコ専門のアマオケ、オーケストラ・ダスビダーニャのコンサートを初めて聴きに行きました。 去年はなんだかんだでチケ買ってあったのに行けず・・・今年も行く直前までどうしようかなぁーと(寒いし・・・とか、遠いし・・・とかいう理由でね)迷って…

ありがとう、音楽監督

昨日、エヌ響定期に行ってきました。 私にとって、エヌの音楽監督であるボロジャの姿をじかに見られる最後の日。 演目ラフマニノフ/ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 作品30 チャイコフスキー/交響曲「マンフレッド」作品58指揮・ウラディーミル・アシュケナージ…

チェロとピアノの夕べ

演目(ピアノ演奏) ハイドン「ピアノソナタ 第46番 ホ長調」 (チェロ演奏) サン・サーンス「白鳥」 フォーレ「エレジー」 カサド「愛の言葉」 (ピアノ演奏) シューマン「アラベスク ハ長調 作品18」 (チェロ演奏) 尾高尚忠「夜曲」 ポッパー「ハンガ…

栃響第83回定期演奏会

今回の栃響定演は、めちゃくちゃ楽しみにしておりました。 なぜならソリストに宮田大くんが来るから!! プログラムはオール・ブラームスです。 演目■「大学祝典序曲」 ■「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調」 ■「交響曲第2番 ニ長調」 アンコ…

第3回宇女高OGオーケストラ演奏会

曲目田中聡美:式典序曲 宇都宮女子高等学校校歌 創立130周年記念讃歌「礎」 テレマン:ヴィオラ協奏曲ト長調 チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」 ヴィオラ:村山勝美 2007年3月18日 栃木県総合文化センター 地元の女子高OGオケに、娘と行って来ました…

第82回栃響定期演奏会

娘と一緒に行ってきました。 開場時間ちょうどに着いたのですが、なんとホールの前には長蛇の列。 栃響でこんなに混んでいたことなんて経験無いので、「いったい何事?」って感じ。不安になりましたよ、あまりの人の多さに。 いきなりゲストにフジコヘミング…

宮田大くんのチェロ・リサイタル

昨夜、地元の星である新進若手チェリスト・宮田大くんのリサイタルに行ってきました。 会場は那須野が原ハーモニーホール。ここ、初めて訪れましたが・・・・ 遠いっっ! 同じ県内だしーと思って油断していましたが、このあたりは完璧に車社会なので、公共の…

第24回宇高・宇女合同演奏会

地元の男子高&女子高の合同演奏会に娘と行ってきました。 高校生の文化祭をひやかしで覗きに行くような感覚でふらっ、と出かけたんですが、思いのほか楽しくて大満足でした。 高校生たち、みんな可愛い〜。もう、アタシくらいの年になると高校生が我が子と…

テミルカーノフの「バビ・ヤール」、そして絶佳なるレーピン(2)

昨日の続きです。 休憩を挟んでいよいよ第2部の「バビ・ヤール」。 ずらっと並んだ東京オペラシンガーズの男ばかりの合唱隊の皆さんも加わり、ステージ上はさらに窮屈に。 ヴァイオリンの弓がアップすると隣の人の頭に刺さりそうです。狭っっ。 テミルカーノ…

テミルカーノフの「バビ・ヤール」、そして絶佳なるレーピン(1)

生「バビ・ヤール」、聴いてまいりました! ああ〜書きたいことがたくさんあります。 とにかく、最高のコンサートでした。ホントに行ってよかった。 演目 リムスキー・コルサコフ:オペラ「見えざる町キーテジと聖女フェヴローニャの物語」より序曲 ショスタ…

キエフオペラの「アイーダ」

ドキドキワクワクの初オペラ、行ってまいりました。 予習もバッチリ。余裕だね。 演目ヴェルディ:歌劇「アイーダ」全4幕 ウクライナ国立歌劇場オペラ 管弦楽 : キエフ・オペラ管弦楽団 合唱 : キエフ・オペラ合唱団 バレエ : 国立キエフ・バレエ団 2006…

松が峰教会オルガンコンサート

地元のカソリック松が峰教会でのパイプオルガンコンサートへ行ってきました。 バロック音楽はめっちゃ苦手で、瞬時に拒否反応を起こしてしまう私ですが(爆)、お世話にもなってる教会への寄付のつもりもあったし、オーバーホールしたてだというパイプオルガ…

広上淳一&川畠成道のメンコン・チャイコン

広上淳一指揮、東京フィルと川畠成道による「2大ヴァイオリン協奏曲(メンデルスゾーンV協&チャイコフスキーV協)の夕べ 」なるコンサートを夫婦で聴きにいってきました。 地元で開業医を営んでいらっしゃる椎名内科クリニックの院長ご夫妻が主催者となって…

鳥が星形の庭に降りるときアタシは眠りに落ちる。

昨日、ボロジャによるエヌ響10月定期最後の演奏会に行ってまいりましたよ。 演目武満 徹 / 鳥は星形の庭に降りる バルトーク / ピアノ協奏曲 第3番 ラヴェル / 「ダフニスとクロエ」組曲 第1番&第2番指揮:ウラディーミル・アシュケナージ ピアノ:エレーヌ…

金聖響&新日フィルのイベントコンサート

初めて金聖響の指揮を見てきました。 ヤマトグループが主催する「クロネコ・ファミリー・コンサート」というイベントです。観覧は無料の抽選招待でした。 子供たちも聴きに来る賑やかなコンサート・・・ってことで、コンサートの質にはほとんど期待もせず、…

オーギュスタン・デュメイ(vl)&小山実稚恵(p)デュオ・リサイタル

今日は地元で開催された、デュメイと小山さんのデュオ・リサイタルへ行ってきました。 3日後に紀尾井町ホールでやる演目とほぼ同じです。でも料金は違う(笑)。 紀尾井ではS席9000円。でも、同じのが壬生ではなんと3000円! どっひゃ〜〜。 3分の1のお値…

ボロジャのサントリー定期、続き。

あ、昨日書き忘れましたが、アンコールはありませんでした。またもや。 しかも今回は監督は4回も挨拶に出てきて、それでもナシです。 プログラムの時間が少なかったせいもあって、あっという間に終わった感じがしましたよ。 まぁ、客もとっとと帰る人続出で…

ボロジャのベトベン in サントリーホール

うひー。待ちに待ったエヌ響サントリーB定期!行ってまいりました。 書きたいことがたくさんあるじょー。 曲目 ベートーヴェン/交響曲 第2番 ニ長調 作品36 ベートーヴェン/交響曲 第3番 変ホ長調 作品55「英雄」 N響 アシュケナージ指揮 サントリーホー…

ボロージャのショスタコ祭り

エヌ響新シーズン開幕ボロちゃん第1弾です。オール・ショスタコ・プログラム。 演目ショスタコーヴィチ/ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調 作品77 ショスタコーヴィチ/交響曲 第10番 ホ短調 作品93 [指揮] ウラディーミル・アシュケナージ [ヴァイオリン…

栃響特別演奏会

いよいよ秋の演奏会シーズンの到来です!やっったーーー! スタートは栃響です。 地元で見られる地元オケ、ということで、栃響の演奏会はとても楽しみにしているのです。 もう、マジでワクワクしてたもんね、今回だって。「今度の日曜は栃響だ♪」と思うたび…

マエストロと過ごす夕べ(その3)

(昨日の続き) コンサートは終わりました。 喝采に包まれて、マイマエストロボロージャは舞台袖に去ってゆきました。 ・・・・しかし、私には一刻の猶予もないのであった。 なぜなら、まだお手紙が書き終わってない!!ひー。早くしないとボロージャ帰っち…

マエストロと過ごす夕べ(その2)

(昨日の続き) 「まもなく開演」のアナウンスが流れる中、席について深呼吸。目の前にはTVで見慣れたステージが。 客席の入りは・・・かなりの空席がある。いいのかエヌ響・・・ 今回の席は私がこだわりを持って選んだ席です。 左翼前方通路側。つまり、…

マエストロと過ごす夕べ(その1)

ああ・・・ブログ3日も書いてないのね。 気がつきませんでした(汗)。 マエストロとの初デートに向けてソワソワと落ち着きなく、あたふたしている間に時は過ぎ・・・気がついたらコンサート当日に。 待ちに待ったこの日。 空は曇天。 でも私の頭の中では蝶…

栃響第81回定演

曲目■追悼:伊福部昭 ・SF交響ファンタジー第1番 ・ピアノと管弦楽のためのリトミカ・オスティナータ■ショスタコーヴィチ 交響曲第5番*アンコール・・・グリーグ「過ぎし春」 指揮:早川正昭 ピアノ:山田令子(06/6/18 宇都宮市文化会館) 雨の中、カッパ…

羽石道代ピアノコンサート

地元で一番大きな楽器店の創業50周年記念で企画されたコンサートです。 メルマガの懸賞に当たってチケットいただきましたので、行ってまいりました。 曲目■第一部 ピアノソロ カバレフスキー:ソナチネ ハ長調 作品13-1 ラヴェル:亡き王女のためのパヴァー…

ツィマーマンのリサイタル

・・・行ってきました。 えっとー・・・。 バカンスで訪れた旅行先の土地にどうしても馴染めず、どこに行っても何を見てもどんなもんを食べても思い出すのは故郷の青い空ばかり・・・・。 挙句の果てにはホームシックのあまり涙がキラり。 ・・・みたいな。 …

鄙びた里で最高の音楽を聴いた夜の話

パーヴォ・ヤルヴィ指揮・ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団&ヒラリー・ハーン、聴きに行ってまいりました! ああ・・・もうね、もうね、涙が出ちゃいそうなほど素晴らしかったですよ!最高でした。 なんか最初はもう信じられないような気持ちだっ…