CD

王家衛が聴いていたオペラ

CD

「ノルマ」「トスカ」「マダム・バタフライ」の3っつのオペラに触発されて「2046」は生まれた・・・という噂を聞いたことがあります。 本当かどうかは知らない。けれど、カーワイの映画は、どこかそういうのもありだという気がする。 この人の中には常に「…

「WILDFLOWER」心に花を!

CD

この1年とちょっと、怒涛のようにクラシックにはまり、マジで聴くものがクラシック一辺倒になってしまい、それまで大好きだった音楽をすっかり聴かなくなっていたのでした。 最近はクラ熱も平熱に落ち着き、ごく普通につきあえるようになったんだけど、それ…

ジャケ写が出てた

HMVのサイトに、ボロジャの新譜・ショスタコ全集の案内が出ておりました。こちら。発売日は5月31日。 私は当面、買う予定はありませんが(・・・おい)、ボロジャの古希記念リリースなので、評判が良いといいなーと思っています。 このBOXで一番魅…

レビューの難しさと虚しさ

CD

音楽を聴かない日はないし、ちょこちょことCD借りたり買ったりしているんだけど、聴いた感想などを言葉にするのがなんだか最近シンドくなってきちゃって・・・あまり感想を書かなくなってしまいました。 ひとつのCDレビューを書くには、それこそものすごい時…

春の佳き日に聴く「巨人」

CD

マーラーをいろいろと聴いていると、なんとなくラトルに偏ります。 何度かそんなことがあって、そのうちに自分の中で「マーラーだったらラトル」という先入観(?)が出来上がってしまいました。 今では全幅の信頼をもって聴いておりますよ。 マーラー:交響…

遠い恋の記憶〜チェロ・ソナタ聴き比べ

CD

昨日の続き。 愛しのショスタコーヴィチのチェロ・ソナタですが、私は以下4つの音源をとっかえひっかえ聴いています。 どれも違うのですが、どれも好きなところがあって、どれを聴いてもそれぞれの世界にもっていかれます。 気分によって聴き変えることがで…

ガーシュウインの弾くガーシュウイン

CD

本日の買い物。タワレコにて。 ショスタコのチェロソナタ&バイオリンソナタ(&「馬あぶ」から2曲)、タワレコオリジナルのガーシュウイン「歴史的録音集」。 それと、蒼井ゆうちゃん表紙のフリーペーパー。ゆうちゃんが余りに可愛くて見過ごせなかったので…

ドミトリー少年のあまりに愛らしい管弦楽

CD

ここ何日か気に入って聴いているアルバムはロジェストヴェンスキーの「ショスタコーヴィチ未出版作品集」です。 玩具箱のように多彩なものが盛りだくさん!といった内容のもの。 特に気に入っているのはDisk1の前半、オーケストラのためのスケルツォ2曲…

今年初めての交響曲

CD

今年初めて腰を落ち着けて聴いた交響曲(のCD)は、カラヤン&BPOのマーラー交響曲5番・・・でした。 1楽章のクドい主題がどうも苦手で、すっとばして4楽章のアダージョ*1だけ聴くという(ありがちな、アホっぽい)行為を繰り返していた曲ですが、ちょっと…

夢見るショスタコーヴィチ

CD

ショスタコばっかり聴いてるのもナンだと思い、あえていろんなのを同時に聴くようにしているんですが、どうもここんとこ聴くものがどれもちーっとも面白くないんですよね・・・。選択ミスが続いているのだろうか? シベリウスのV協も、グリーグの叙情曲集も…

毎日ショスタコーヴィチ

CD

・・・・という番組は、やってもらえず終わるんでしょうね記念イヤーだったのに。 と、BSの「毎日モーツアルト」を見ながら思うわけです。 モツさんにはご本人の(!)ブログまであるんだから豪勢です。この文章書いているヒトは絶妙ですね。お堅いファンも…

昨日買った3枚

CD

ふらふらっ・・・とショップに行ってしまい、ふらふらっ・・・とレジに運んでしまった3枚。 左から順に感想などを。ちなみに全部ショスタコーヴィチです。 ■交響曲第13番「バビ・ヤール」/コンドラシン(バイエルン放送交響楽団) 1980年のライヴです。コ…

「バビ・ヤール」聴き比べ

CD

いよいよテミルカーノフのナマ「バビヤール」まであと3日。あードキドキ。 ウチにある音源は4種類。■バルシャイ:WDR(西ドイツ放送)交響楽団■ハイティンク:アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団■インバル:ウィーン交響楽団■ロストロポーヴィチ:ナ…

怖い音楽!

CD

これ聴きました。「恐怖音楽」。 クラシックの中の怖い音楽を集めたオムニバスアルバムですよ。ひーー。 ジャケも怖い!楳図さん! 怖さというものにはスイッチのようなものがあると思うのですが、一旦それがオンになってしまうと、今までなんでもなかったも…

「アイーダ」予習中

CD

週末、初オペラに行きますので、その予習をしているところ。 演目は「アイーダ」です。 ストーリーはすでに読んで頭に入れてあるものの、お芝居じゃなくってオペラなんだから、やはり行く前にちゃんと曲を覚えてから行こう、と思いまして、図書館から借りて…

ピアニスト、ショスタコーヴィチ!

CD

ショス様ジサクジエーン集です。 ピアノ5重奏(1950年代の録音)とP協1番(1957年)2番(1958年)、「2台のピアノのための小協奏曲」(1966年)・・・が収録されています。「2台の〜」で一緒にやっているのは息子のマキシム。 ショスタコ自らが弾くピアノっ…

弱り目にショパン

CD

ちょっと体調を崩しています。 具合が悪くて寝込みがちな時にはなぜだかショパンが聴きたくなる。 ていうか、秋にはやっぱりショパンのソナタ3番の3楽章が一番似合う・・・・と思ったり。 夕暮れの弱い光が差し込む窓辺でコレを聴いていると、それが人生その…

のだカン3回目&フィギュアGP

ノダメ3回目。なんだか今回はさらーっと見てしまったような・・・。 サクラちゃんのエピがもともとそんなに興味ないせいかもしんない。 でも、笑いどころは満載でした〜。 それにしても暴力シーン(?)多いねw ミルヒーの「このワタシにオトるーともマサら…

ショスタコーヴィチのジャズ

CD

ショスタコーヴィチ:ジャズ音楽集アーティスト: シャイー(リッカルド),ショスタコーヴィチ,ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団,ブラウティハム(ロナウド),マスーズ(ペーター)出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日: 2006/04/12メデ…

マーラーの10枚セット

CD

散歩の途中、タワレコでずっと気になっていたCDを思いきって買っちゃいました。マーラーの10枚組みCD*1なんですが、なんと2000円なんですよ。安っっ。 あまりの安さに欲しくなって、でも、あまりの安さに不安になって、いつも店先で眺めては買おうかどうしよ…

トックリ・トリオの美しきチャイコ

ここのところ寝ても醒めてもショスタコ聴いていたので、だんだん何か息が詰まってきました。 一気食いした焼き芋が胸んトコに詰まってるような感じ。重い・・・。 ショス様はカッコイイのだけれど、ちょっと世界観がアレなので、平和で穏やかな日常にフツー…

バルシャイのショスタコBOX!

CD

うっひっひっひ(喜)。 届いた届いた、オクで買ったショスタコ交響曲全集! うっれしーーー!我が家にショスタコの交響曲全集が来ましたよ!これでいつでも聴けます〜。 今まで図書館で一曲ずつ借りてきては聴いていたんですが、なんだか全然体系だてて聴け…

スクロヴァチェフスキのベトベン2番3番

CD

ウチのベトベン狂が、「2番に関してはこれが決定版!最高!絶対!」と大プッシュするので、聴いてみました。 ベートーヴェン:交響曲第2番&第3番「英雄」 私には、判断つきゃしないんですが・・・2番っていまだにどんな曲かイマイチつかめてないんですけど、…

HAPPY BIRTHDAY 100 ! SHOSTAKOVICH

CD

今日はショスタコーヴィチ100歳のお誕生日です♪ 今年はモーツアルト250歳記念、ショスタコ100歳記念、シューマン没後150周年記念・・・であるのに、今まではもうほとんどどこもモーツアルト一色!で、そんなもんなのかな〜と思っていたのですが、このところ…

「大地の歌」に無常の地平を感じる

CD

マーラー:交響曲(大地の歌)マーラーの「大地の歌」@シノーポリです。 これ、最初の出だしからしてもう、すっっばらしい!です。 グーッと持っていかれちゃう。 初聴きなのに、ぶわっ、と涙が出そうになってしまった。 つかみは完璧オッケー!って感じ。 ポ…

シノーポリのマラ8

CD

マーラーにハマって(っても今のところ交響曲8番だけ)、繰り返しずっとラトルのマラ8を聴いています。 これ、たぶん他の演奏家のを聴く必要がないんじゃないかと思うくらいすごくイイので満足なんですが、他のもちょっと聴いてみたいという余裕(?)が出て…

その光をもって我らの五感を高め

CD

先日のエントリでリンクしたエア・コンダクター君が、あまりにも楽しそうな陶酔の指揮ぶりを披露していたのを見てから、マーラーの8番をちゃんと全部通して聴いてみたい、と思っていました。 マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」アーティスト: ラトル(サイ…

オラトリオ「森の歌」

本日買ったCD。 「ショスタコーヴィチ:森の歌、交響曲第2番他/アシュケナージ@ロイヤルフィルハーモニー」です。 この、デッカで出してるアシュケナージのショスタコーヴィッチのシリーズは、ジャケに使われている絵が正しく構成主義を踏襲していて、と…

オイストラフのショスタコV協1番

CD

先日買った、ショスタコーヴィチ協奏曲全集。 オイストラフ&ムラヴィンスキー@レニングラードPOの1956年の音源ですが・・・・震えましたよ!カッコよすぎてっ。めっちゃくちゃ「ソ連の音」だ、これ。 ・・・って、出た!いつもの意味不明感覚コトバ(苦笑…

今日買ったCD

CD

カネもないのにぶらぶら・・・・しておりましたら、タワレコで3枚もCD買ってしまいました。スタインウェイの企画CD(Steinway Legends)のアシュケナージ編、ショスタコーヴィチ協奏曲全集、ヒラリー・ハーンの新譜(パガニーニV協1番&シュポアV協8番)、で…