Ashkenazy

武満の「リヴァラン」

以前NHKBS2で放送してたのを見逃していた「武満徹メモリアルデー・コンサート」の模様を、laforumさんのおかげで見ることができました。スパシーバ!laforumさん♪ これ、ボロージャがピアノを弾いてる(弾き振りをしている)一番新しい音源になります…

オラトリオ「森の歌」

本日買ったCD。 「ショスタコーヴィチ:森の歌、交響曲第2番他/アシュケナージ@ロイヤルフィルハーモニー」です。 この、デッカで出してるアシュケナージのショスタコーヴィッチのシリーズは、ジャケに使われている絵が正しく構成主義を踏襲していて、と…

パパにそっくり。

ネットサーフィンしてて見つけました。これ↓ディミトリー・アシュケナージのアルバムジャケ写なんですが・・・ これ、パパ・ボロージャにそっくり!ですね。 パパよりかなり美形だけど、表情の雰囲気、背の低さ、首の太さ、肩まわりの格好、ファッションセン…

ディミトリが24歳だった頃。

お盆で帰省した実家に「音友」バックナンバーがあったのですが、そこに、ボロージャとディムカ*1の親子共演の様子がカラーで載っているのを発見しました。1994年の3月号です。↑これは、93年の12月21日に東京文化会館で行われた演奏会の様子。 曲目は、プーラ…

今週のエヌ響アワー(8/13)

先週に引き続いてロケです。 ううぅ・・・2曲もやるぞ。 お盆休みのひとときに、ボロ君の演奏をどぞ。 夏休みSPイン四国(2) “第9”日本初演の地をたずねて (徳島県鳴門市よりロケ) ■ベートーベン「レオノーレ序曲 第3番」(指揮)ウラディーミル・…

チャイコフスキーコンクールのボロージャ

少し前にこんなCDを買いました。メロディアから出ている、1962年のチャイコフスキーコンクールでのボロージャのライヴ音源です。 オグドンのリストP協1番なども併録されています。 チャイコフスキーコンクール時の演奏は、これまでビデオでほんの一部分聴い…

Tシャツ探訪

小ネタです。 ブラジル人ピアニスト、アーナルド・ コーエンのサイトでこんなボロージャを見つけました。Tシャツ着てんですが、その絵柄がビミョーだったので、ふと立ち止まってしまいました。 これは・・・一体? 「LAHNA」って??? よく見えないんですけ…

チケ取りを甘く見た件に関して

・・・暑い・・・。 幻聴が聴こえてきそうなほど暑いですが、皆さんお元気ですか。 ただいま夏休み真っ盛りですが、日中子どもが家にいる、ってだけでなぜか母はやたら忙しいんですよね・・。 勉強を教え、昼飯を作り、行事に参加し、手伝いをさせ、一緒に遊…

君子豹変す

神保町で収穫した「音友」(1985年7月号)に、こんな記事が出てました。「グレン・グールドのように弾けるとは思わないから、バッハは弾かない。」 ・・・だそうです。 ボロージャ、1985年の弁。 この後、20年・・・2005年に彼はバッハを録音するのですが、…

神保町でボロージャを探す

「探している本があって、それを欲しい欲しいと強く思っているとね、いつか絶対、本の方からこっちにきてくれるんだよ。」 昨日、神保町の古書街を歩きながらそんなことを娘に語ったんだけども、自分で自分の言葉にジ〜ンとしてしまいました。 ホント、こう…

 歓喜!ボロージャのピアノが聴けますよ!

「本日のムッシュー」のokamo-koさんに教えてもらったんですが、なんと!!! 来年の6月、ボロージャがヴォフカ(長男坊)連れて来日して、親子でピアノ・デュオをやるそうですよ!(「音楽の友」誌による) どっひゃ〜〜〜!どうしましょう奥さんっっ!学生…

文春、阿川さんとの対談だ〜!

「アジアのあな」のドリちゃんに「出てるよー」と教えてもらい、ダッシュでコンビニへ行って買ってきましたよ週刊文春!(ホント、ありがとう!>ドリちゃん) や〜。嬉しいぃぃぃ〜(デレデレ)。うへへ、写真もキュートだじょ。 このインタヴュー・・・・…

ボロージャ=ジーコ説

「選手(ピアニスト)だった頃には神であったが、監督(指揮者)になったらどうしょうもなく使えない」・・・もしくは「優秀だった選手(ピアニスト)が監督(指揮者)になったが、ヘボなチーム(オケ)を任され、采配が生かされず監督として評価されずに終…

明日のエヌ響アワー

だいたい月イチくらいしか番組にとりあげてもらえない音楽監督ですが、明日の放送には出ます!みなさん見てね♪ 私は前回出演時の録画に失敗して見られなかったので、TVでボロージャ見るの2ヶ月ぶり・・・。 ああ、楽しみ。抜粋だけど。 番組案内より 「人生は…

魅惑のコンビによるプロコフィエフ

先日ショップを覗いていたら、いきなり鼻血が吹きだしそうなとんでもなく激萌えのジャケ写を見つけてしまいました。 これ↓ プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番アーティスト: パールマン(イツァーク),プロコフィエフ,ラインスドルフ(エーリヒ),アシュケ…

指定型バトン

「Anemone Diary」のチチカカさんから「指定型バトン」なるバトンが回ってきました。 ☆☆[指定型★バトン]のルール☆☆ ◆廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。 ◆また、廻す時、その人に指定する事。 チチカカさんが私に回してくれた指…

あなたの腕の中は、ロシアの匂いがする。

「モメ」のlaforumさんが、ボロージャお誕生日連動企画でピックアツプされてたCDのうち、未聴のものを聴いてみました。 ■プロコフィエフ:ピアノ協奏曲全集(プレヴィン/ロンドン交響楽団)これ、もしやと思って旦那に聞いたら、所持してました。車中に隠…

マエストロ列伝

組曲「いきあたりばったり」作品35のkikaさんに、アシュケナージが出てるよーと教えてもらった「モーストリークラシック」の2003年3月号を図書館から借りてきました。 kikaさんありがとう(^0^)。 うひー♪出てるよ出てるよ。 写真家の木之下晃さんのページな…

お誕生日

今日はマエストロの69歳の誕生日です。(古希だ古希だと言ってますが、古希になるのは来年です。) 好きなジャケ写をちょっといじって祝ってみました。若い頃の手です。ステキでしょうぅぅ。 お誕生日記念企画として何をやろうかずっと考えていたんですけど…

続・マッツ・リドストレムのカバレフスキー

こちらのエントリの続きです。件のCDを手に入れました。 収録曲は、カバレフスキーの「チェロ協奏曲第2番」、ハチャトゥーリアンの「チェロとオーケストラのための協奏曲」ラフマニノフの「ヴォカリーズ」です。 ジャケ写・・・ボロージャのポーズが意味不…

その文字の、なんと愛しいこと。

実は昨日ね・・・ ・・・・ボロージャから、お返事が来ました(爆)。 はぅぅぅ〜(感涙)。 嬉しすぎてもう言葉がないです・・・・。 もちろんね、お手紙を渡した時に、自分宛ての返信用封筒とお気に入りのCDジャケットを入れて、「お時間あったらサイン…

マエストロと過ごす夕べ(その3)

(昨日の続き) コンサートは終わりました。 喝采に包まれて、マイマエストロボロージャは舞台袖に去ってゆきました。 ・・・・しかし、私には一刻の猶予もないのであった。 なぜなら、まだお手紙が書き終わってない!!ひー。早くしないとボロージャ帰っち…

マエストロと過ごす夕べ(その2)

(昨日の続き) 「まもなく開演」のアナウンスが流れる中、席について深呼吸。目の前にはTVで見慣れたステージが。 客席の入りは・・・かなりの空席がある。いいのかエヌ響・・・ 今回の席は私がこだわりを持って選んだ席です。 左翼前方通路側。つまり、…

マエストロと過ごす夕べ(その1)

ああ・・・ブログ3日も書いてないのね。 気がつきませんでした(汗)。 マエストロとの初デートに向けてソワソワと落ち着きなく、あたふたしている間に時は過ぎ・・・気がついたらコンサート当日に。 待ちに待ったこの日。 空は曇天。 でも私の頭の中では蝶…

韓国公演真っ最中

ハングル・・・何がなにやら全くわからないのですが(汗)。 ただ今、マエストロ・ボロージャはエヌ響ひきつれて韓国公演に出かけております。 明日はラス日で、「大田文化芸術の殿堂シンフォニーホール」てトコで演奏する予定。 チケがえらくお高いそうで・…

コンサートの愉しみ/音楽以外の些末なもろもろ。

さて、マイマエストロボロージャとのデート・・・もとい、N響演奏会鑑賞まであと4日となりました。 あうう・・・どうしよう。ドキドキしてきた。(画像は今聴いているアルバム) 大好きな人に初めて逢う日は当然オシャレがしたいです。 ちょっとしたプレゼント…

ツアースケジュール

こんなの作ってみました。 N響とデッカのサイトに載ってたスケジュールを合わせて一覧にし、わかりやすく日本語化しました。 って、誰かこんなん見る人いるのか? ・・・いる。自分。自分のためにまとめてみた!いちいち英語読むのタルいから! これを眺めて…

エヌ響での今後の予定

昨日はセンチになってあんなことを書いたけれど・・・本当のところ、私はやっぱりものすごくタイミングがいいんだと思う。 今後のエヌ響定期の予定表を見ててつくづく思いましたよ・・・。ごめん、桁違いに恵まれてたわ。 演奏聴ける機会がこんなにあるなん…

マッツ・リドストレムのカバレフスキー

3日前のエントリに書いたビデオに、アシュケナージがマッツ・リドストレムという(舌を噛みそうな名前の)スウェーデンのチェロ奏者と、カバレフスキーのチェロ協奏曲を演奏しているシーンがあるのですが、それが、むちゃくちゃカツコよかったんです。主に…

ショパンを弾く貴公子ボロ君

昨日kikaさんに教わったユーチューブの動画はこちらです。 kikaさんありがとうぅ(*^^*)。 ショパンコンクール時、1955年18歳の若く麗しいボロージャ君ですよ、皆さん。ぜひ見て。 横顔もきれいだよーほら。ちょっと戦前の人みたいだね、雰囲気が。現代社会に…